Sクラスの買取実績相場

現在の買取参考相場
¥88,642〜¥7,238,573
下取り価格
¥79,778〜¥6,804,259
年式
1978年〜2021年
走行距離
1万km〜14万km

SellCaオークションでの高額買取実績

Sクラスのグレード別買取参考相場

グレード 買取相場価格
560SEL ¥785,000〜¥15,665,102
S320 ¥22,020〜¥4,791,556
S350 ブルーエフィシェンシー グランドED ¥912,624〜¥3,021,977
S350 ブルーエフィシェンシー ¥415,371〜¥2,480,344
S350 ¥50,303〜¥3,243,413
S350 AMGスポーツエディション ¥379,321〜¥1,011,295
S400 ¥1,663,042〜¥16,785,159
ハイブリッドロング ¥652,747〜¥3,158,657
S500L ¥272,000〜¥1,887,934
S500 ¥9,723〜¥23,154,754
S500ロング ¥461,468〜¥2,327,570
S550ロング エディション1 ¥2,744,809〜¥6,632,321
S550 ¥129,406〜¥11,423,715
S550ロング ¥691,800〜¥9,823,030
S550 ブルーエフィシェンシー ロング ¥637,948〜¥3,169,216
280SE ¥1,303,927〜¥4,576,161
S55L AMG ¥413,203〜¥1,598,953
S63 AMGロング ¥478,899〜¥8,148,576
S63 AMG 4マチックロング ¥2,696,758〜¥9,386,468
S400ハイブリッド ¥1,110,620〜¥6,661,576
S400ハイブリッド エクスクルーシブ ¥1,182,669〜¥5,623,089
S550 4マチック クーペ AMGライン ¥2,848,667〜¥9,978,027
S550 4マチック クーペ エディション 1 ¥2,395,902〜¥9,746,217
S550プラグインハイブリッドロング ¥1,855,531〜¥6,673,632
S300h ¥1,566,167〜¥6,507,586
S300hエクスクルーシブ ¥1,774,917〜¥5,841,184
S300hロング ¥2,059,933〜¥7,532,949
S400h ¥1,738,438〜¥6,149,948
S400hエクスクルーシブ ¥1,480,828〜¥5,964,580
S550eロング ¥2,058,016〜¥8,408,365
S400 4マチック クーペ AMGライン ¥3,916,001〜¥8,830,798
S550 カブリオレ ¥88,642〜¥21,610,508
S560ロング ¥394,326〜¥14,019,150
S560 4マチックロング ¥3,484,365〜¥12,180,353
S450 ¥3,125,368〜¥10,945,870
S450エクスクルーシブ ¥2,785,658〜¥12,236,375
S450ロング ¥3,272,161〜¥11,242,498
S450 4マチック クーペ AMGライン ¥5,900,197〜¥13,540,568
S560 クーペ AMGライン ¥4,772,213〜¥13,668,131
S560 4マチック クーペ AMGライン ¥4,708,849〜¥14,444,432
S560 カブリオレ ¥7,430,801〜¥16,520,239
S400d ¥3,203,667〜¥10,926,797
S400d 4マチック ¥6,644,440〜¥16,804,519
S400dロング ¥3,852,812〜¥11,235,815
S400d 4マチックロング ¥6,916,277〜¥21,260,192
S560eロング ¥3,946,540〜¥15,514,470
300SE ¥712,500〜¥4,795,596

連絡・査定はセルカのみで
最大6000社があなたの車に値付け!

セルカにお申込みをいただくと、セルカと提携している全国6000社の車屋さんにあなたの愛車を見てもらえます。
お客様への連絡はセルカからのみなので、しつこい営業電話をいろんな業者から受けたり、何回も査定を受ける手間がありません。

書類手続きやローンの精算なども
セルカサポートがすべてフォロー!

お車のご売約後に発生する、書類の提出等の諸手続きもセルカのサポート部隊がすべてフォローいたします。
お引渡しからご入金まで、他の業者さんなどと連絡をとっていただく必要は一切ありません。

通常の車買取ではかかる
中間業者の手数料がかかりません!

一括査定などの買取業者はお車を買い取ったあと、車屋さんに再販します。このときにかかる費用や買取業者の利益分がが予め査定額から引かれています。
セルカでは間に入る業者を飛ばして、実際に「この車がほしい!」という方に直接車を買ってもらうことができるため、買取業者が得ていた利益や手数料をお客様に還元できます。

SellCaでご売却いただいたお客様の声

Sクラス / S550
成約日:2018年11月
外車は専門店で売るのが一番いいと思っていたので今までは専門店で売却してました。 今回もそのつもりでしたが、専門店に交渉する材料を。。。と思ってセルカさんに査定を依頼しました。(すいません) 査定に来たかたの対応がとてもよく、電話でオペレートしてくれた方も丁寧だったのでそのままセルカさんでオークションに出してみることにしました。 専門店にも査定してもらいましたが全然高く売れました!これからはセルカさん一筋になると思います。

 

メルセデス・ベンツ Sクラスを高く買い取ってもらうコツ


メルセデス・ベンツ Sクラスの人気グレード

 

メルセデス・ベンツ Sクラスには現行モデルの7代目で4種類のグレードが準備されています。

S400 d 4MATIC
S500 4MATIC
S400 d 4MATIC ロング
S500 4MATIC ロング

しかし7代目は2021年に発売されたばかりの最新車種で、中古車市場ではこの1つ前の6代目Sクラスが主流です。
6代目Sクラスのラインナップは非常に多く、スポーツモデルの「AMG」や「マイバッハ」を含めると25種類も存在しています。
バリエーションが豊かな車ですが、メルセデス・ベンツの最上位グレードに位置するため、新車価格は余裕の1000万円越えです。

中古車市場で今もっとも買取額が期待できるのは、6代目Sクラスの「S560 4MATIC ロング」です。
ガブリオレタイプも人気ではありますが、新車価格が2000万円以上することを考えるとそもそもの流通台数が少ないためプレミア的な価値も付随されているでしょう。
一般的に流通しているセダンタイプのSクラスであれば「S560 4MATIC ロング」が圧勝です。
四輪駆動ではない「S560 ロング」も人気が高いが特徴です。
その下には排気量3.0Lの、Sクラスでも小型に入る「S450」系統がランクイン。
維持費の観点から選ばれやすいのか、中古車市場の中ではよく見る車と言えます。
これ以外のグレードも人気は高く、大きな修理や事故を経験していなければ、買い叩かれるような金額にはならないでしょう。


メルセデス・ベンツ Sクラスの人気カラー


メルセデス・ベンツ Sクラスの人気カラーは長い歴史の中でも変わっていません。
メルセデス・ベンツをイメージする高級感あふれるカラーがよく選ばれており、中古車として査定されるときも、人気のカラーであれば高額のポイントになります。
特に人気なのはブラック系・ホワイト系の2種類です。
どちらの色も複数のバリエーションがありますが、ブラックであれば深みのあるブラックが、ホワイトであれば光沢のあるものが人気があります。
7代目Sクラスで言えば、ブラック系なら「オブシディアンブラック」、ホワイト系なら「ダイヤモンドホワイト」が人気です。

全体的にブラック・ホワイト・シルバーに大別されるカラーバリエーションしかないSクラス。
ターゲットも富裕層なので、あまり遊ぶようなカラーは用意されていません。
多少色味の違うボディカラーを選択することはできますが、高級セダンのコンセプトを貫いているといいでしょう。
なお、「ダイヤモンドホワイト」のみ有償色で、かつもっともリセールバリューが高いボディカラーです。
ただでさえ高級なSクラスにオプションで色を追加しているため、価値は非常に高いと言えるでしょう。


メルセデス・ベンツ Sクラスの人気オプション


メルセデス・ベンツ Sクラスのオプションですが、実はあまり用意されていません。
理由はそもそもの装備が充実しており、これ以上の機能はないというほど標準で備わってしまっているからです。
あったとしてもドレスアップアイテム程度ですが、それでもあったほうが査定時に加点されるオプションもあります。

Sクラスの特徴として後部座席の居住性が抜群に高いというポイントがあります。
Sクラスにラインナップされている「ロング」と呼ばれるやや全長が長いモデルは、運転席ではなく後部座席にオーナーが乗ることを想定して作られていることからも、どれほど重要視されているかがわかるでしょう。
オプションでも後部座席周りのオプションがついているとポイントが高くなる傾向にあります。
シートの質感や使い勝手が大きく変わる「ショーファーパッケージ」や「ファーストクラスパッケージ」が特に人気が高いオプションです。
ただ、これらをつけるだけでも価格は100~150万円の単位で跳ね上がるため、そうそう備え付けられたSクラスを見ることはありません。

 

 

メルセデス・ベンツ Sクラスの特徴


メルセデス・ベンツ Sクラスの概要


メルセデス・ベンツ Sクラスはドイツの名門ブランドが手掛ける高級乗用車です。
その歴史は長く、「Sクラス」と名乗る以前から含めるとすでに70年に及びます。
2021年に新しく市場に投入されたSクラスは7代目にあたり、前身から数えると14代目に当たります。

ボディタイプはおなじみのセダンを筆頭に、クーペ、ガブリオレ、リムジンがラインナップ。
「ショーファーモデル」と呼ばれる、オーナーは後部座席に座る車として人気があるものの、近年は運転手を中心にした「オーナードリブンモデル」に移行しつつあります。
事実7代目Sクラスでは、12.8インチという巨大な液晶ディスプレイを配置することでボタン類の削減に成功しています。
6代目Sクラスと比較すると38個ものボタンを失くしたというのですから驚きです。

高い走行性能や安全性はもちろんのこと、乗り心地にまでこだわったSクラスは、メルセデス・ベンツの最上位クラスにふさわしい存在感を放っています。
「Sensual Purity」という基本思想に忠実で、全体的に丸みを帯びた、曲線中心のデザインが特徴的です。
現在中古車市場のメインである6代目Sクラスも、同様に曲線を中心にしたデザインで人気があります。
高い安全性能は、メルセデス・ベンツが持つ技術すべてを結集しているといっても過言ではありません。
7代目Sクラスのほうが6代目よりも優れているとはいえ、6代目Sクラスの安全性能も、一部仕様変更の際に常にブラッシュアップされ続けてきました。
今後は7代目が同じようにブラッシュアップされていくと同時に中古車市場に現れてくるでしょう。
「自動車のファーストクラス」を自負するSクラスのさらなる進化に期待が寄せられます。

 

メルセデス・ベンツ Sクラスの歴史


メルセデス・ベンツ Sクラスの歴史は「Sクラス」以前から含めれば70年に及ぶ歴史を持ち、「Sクラス」を名乗り始めてからも約半世紀の歴史を持っています。
すべての特徴を書くと非常に長くなってしまうので、ここでは「Sクラス」を名乗りう出した1972年以降の車を振り返っていきます。

初代Sクラスが誕生したのは1972年のことです。
キャデラックに影響を受けた四角いフォルムが印象的ですが、ヘッドライトが横長のデザインに変更されるなど、いくつかの変更点が出来ています。
エンジンは2.8Lの直列6気筒、3.5Lと4.5LのV型8気筒、そして戦後最大となる6.9LのV型8気筒の4種類でした。
交通事故から乗員を守る思想は、すでにこのころから主題として考えられており、1978年には前輪のみですがABS(アンチロック・ブレーキ・システム)を採用。
自動車の安全が声高に叫ばれる前からSクラスには安全に対する考え方が息づいていたのです。

2代目は1979年に登場し、1980年以降は初代と入れ替わる形でSクラスの後継車として市場で存在感を増していきました。
初代と同じく四角いフォルムはそのままに、ほかの車にも影響を与えた「サッコプレート」と呼ばれる大型プロテクターを側面に配置したことで有名になりました。
安全機能ではエアバックやシートベルトの巻き上げ機能をもち、初代よりもさらに高い安全性を実現しています。
エンジンは発売当初は2.8Lの直列6気筒とV型8気筒の3.8L・5.0L、ディーゼルエンジンの3.0L直列5気筒ターボの5種類。
のちの仕様変更で排気量アップや気筒数増の変更を受けています。
2代目は、歴代Sクラスで最長の12年間製造・販売が続けられました。
正規輸入されていなかった国々でも並行輸入で買い求めるオーナーが多かったことが、非常に印象的な1台です。

続く3代目は1991年に登場。
フロントマスクこそ2代目に似ていますが、全体的なフォルムはやや曲線が多くなり、エッジのきつい部分は影をひそめています。
3代目からは走行性能にも力が入れられており、ドアサッシュとボディを一体化させることで空気抵抗の低減に成功しました。
ただし反面、車体重量が大幅に増えてしまい環境性能が悪化。
欧米市場では一部のユーザーから不評を買う羽目になってしまったのです。
1994年のマイナーチェンジで車体の軽量化が図られたため、環境性能は一応の回復を見ました。
ただ、出だしが悪かったこと、新しく採用されたV型12気筒エンジンの評判が悪かったことから売れ行きは2代目ほど好調とはいかなかったのです。

満を持して4代目が1998年に登場します。
コンセプトが大幅に見直され、走行性能・排気量よりも乗り心地や環境性能を重視した1台に仕上げられました。
ボディサイズは一回り小さくなり、フロントマスクも一新。
それまで角目であったヘッドライトも曲線中心のものに変更されたことで、威圧感を抑えたフレンドリーな車に変貌しました。
反面、コストダウンのために一部の装備が簡略化されたことで「誰にでも乗りやすい車」のコンセプトからはかけ離れてしまっていました。
この欠点は後期モデルで解消されましたが、コストダウンはある意味功を奏し、3代目で落ち込んでいた売上台数を大幅に回復させたのです。

5代目Sクラスは2005年に、フランクフルトモーターショーで発表されました。
現在に続く曲線中心のデザインになり、Sクラスらしいデザインと装備を回復。
車体重量はサイズアップの関係で増えてしまったものの、デザインのおかげで小ぶりに見える車でもあります。
5代目から「ショーファー」から「オーナードリブン」の思想に徐々に変化していき、運転席周りが広くなりました。
4代目からの大きな変更点として、センターコンソールからシフトレバーがコラムシフトになっています。
エンジンは新設計のものを採用しました。
ディーゼルエンジンのラインナップもありましたが日本では流通しておらず、すべてガソリンエンジン車です。

6代目Sクラスは5代目での成功を受けてさらに進化した形で登場します。
2013年に発表された6代目Sクラスは、ヘッドライトを含めたすべての電飾継投でLED化しました。
フロントグリルも大型化しボディのデザインも流線型を描くなめらかなスタイルに変更されています。
2014年にはメルセデス・ベンツのサブブランドであった「マイバッハ」がSクラスのラインナップとして復活。
リムジンタイプの車であり、Sクラスが初期から大事にしている「ショーファー」を体現する1台に仕上がっています。
排気量自体はダウンサイジングされているものの、ツインターボが取り付けられたことで出力・トルクともに向上しました。
また後期モデルからは「9Gトロニック」と呼ばれるトランスミッションが採用され、起動直と燃費性能の向上に寄与しています。

最新モデルである7代目Sクラスは2020年に発表され、日本では2021年1月に発売が開始されました。
基本形状は6代目のデザインを踏襲しつつ、曲線を活かした彫刻面で浮かび上がる影が存在感をさらに増加させています。
最大の特徴はユーザーエクスペリエンスを高めるための最新装備の数々。
「MBUX(メルセデス・ベンツ・ユーザー・エクスペリエンス)」が刷新され、音声によるエアコンやオーディオのコントロールがすべての座席から可能になりました。
AIによる音声認識機能によるもので、この機能は新しく発売されたSUVであるGLBクラスにも応用されました。
また高い安全性能を誇る「レーダーセーフティパッケージ」も搭載しており、安全性も高い1台に仕上がっているのです。
2021年7月には6代目で復活した「マイバッハ」が7代目をベースにフルモデルチェンジされました。
ロングホイールベース仕様だった先代モデルよりもさらに180mmホイールベースを延長し、安定性に磨きがかかりました。
また、「マイバッハ」としては初となるISG搭載モデルも登場したのです。

Sクラスはイヤーモデル制を取っているため、毎年一部の仕様が変更されていくのがお約束です。
発売されて間もない7代目Sクラスも、今後仕様変更を重ね、さらに進化していくでしょう。
今後の仕様変更情報に注目です。

 

メルセデス・ベンツ Sクラス買取相場の傾向


メルセデス・ベンツ Sクラスの買取相場の傾向は年式や走行距離に大きく左右されます。
ボディタイプでセダン、クーペ、ガブリオレ、リムジンの4種類に分類されますがいずれも大差はなく、買取額に「高い」と感じる人もいるでしょう。
しかし、残価率で見てみるとそれほど高いとは言えないのが実情です。
一番リセールバリューが高い「S560 4MATIC ロング」でも、残価率は50%台。
それ以外の車種に関しては30~40%が平均的な数字になります。
背景には2つの大きな要因があると考えられます。

ひとつ目は人気が高くないボディ形状であるという点です。
セダン、クーペなどの形状の車は一昔前までは熱狂的な人気を誇っていましたが、昨今ではその座をSUVに奪われています。
アウトドア嗜好が強くなったこと、セダンが乗りにくいという評判がついてしまっていることが要因です。
乗りにくいかどうかは個人の感覚の問題なので大きなものではありませんが、アウトドア嗜好の拡大の影響は、Sクラスだけではなくさまざまなセダンが受けているのが現実です。
実際、トヨタの伝統的なセダンであるクラウンは次期モデルからセダンではなくSUVとして登場するという噂もあり、各社SUVのラインナップ拡充を急いでいます。
Sクラスも例外ではなく、SUV全盛の時代に荷物があまり載らないという問題点から敬遠されつつあるのです。
結果的に買い取っても売れにくいということで、中古車買取店も安値を付けざるを得ないのです。

もうひとつの原因は、Sクラスに適用される査定基準にあります。
実は国産車と輸入車では査定基準が大幅に違っており、輸入車のほうが厳しい審査基準になっているのです。
特に新車価格で1000万円を超えるような車両には顕著で、エントリーモデルから1000万円を軽く超えてしまっているSクラスも例外ではありません。
国産車では気にも止められなかった小さな傷が、輸入車の場合は大幅な減額対象になることもザラにあります。
年式と走行距離による減額幅も異常なほど大きく設定されており、輸入高級車を購入した時点である程度諦めなければならないポイントでもあるのです。

しかし、中には輸入車専門の中古車買取店に査定を依頼することで大幅な減額を免れるケースもあります。
国内にしか販路を持たない中古車買取店では、書面上の審査しか行わず、本当の市場価値を鑑みないことも珍しくありません。
その点、輸入車専門の中古車買取店であれば、Sクラスの真の価値を分かっている場合が多いので、高額査定につながりやすい傾向にあるのです。
中古車買取オークションのセルカと提携する中古車買取店には、輸入車に特化した買取店も多数提携しています。
例えば、2016年式で走行距離が14万kmを超えていた「S300ハイブリッド エクスクルーシブ」が326.7万円で落札されたこともあります。
10万kmオーバーでは国産車でもこれだけの価値は付きません。
大枚をはたいて買った大切な車に少しでも価値を見出してほしいなら、ぜひセルカにご相談ください。

 

 
 
 

 

 

 

コラム編集部
SellCa車買取コラム編集部
中古車査定のエキスパートが車の買取に関するお得な情報をご案内いたします。

SellCaオークションのご利用の流れ

  • Step 1
    無料査定申込
    無料査定申込 あなたの愛車情報をご入力ください
    あなたの愛車情報を
    ご入力ください。
  • Step 2
    査定
    査定
    ご自宅で査定を受けましょう。
    査定のお時間は約30分程度です。
    ※エリアによってはお伺いできない場合もありますのでご相談ください。
  • Step 3
    オークションに出品
    オークションに出品
    査定内容をご確認いただき、
    愛車をオークションに
    出品します。
    全国最大6000社のバイヤーがオンライン入札!
  • Step 4
    売却
    売却
    オークションで最高額にご納得いただけたらバイヤーへ売却!愛車をバイヤーに渡し、セルカから代金をお支払いしてお取引完了です。

車買取に関するおすすめコラム

 

メルセデス・ベンツ車種別の買取参考相場

車種 買取価格
Aクラス ¥712,500〜¥5,843,182
CL ¥225,005〜¥3,801,643
CLAクラス ¥712,500〜¥33,957,894
CLK ¥84,328〜¥2,116,395
Cクラス ¥712,500〜¥17,593,770
Cクラスステーションワゴン ¥55,751〜¥6,133,596
Cクラススポーツクーペ ¥68,801〜¥431,638
Eクラス ¥712,500〜¥9,930,798
Eクラスステーションワゴン ¥712,500〜¥8,002,275
GLAクラス ¥547,698〜¥5,166,517
GLC ¥1,431,011〜¥9,780,351
GLE ¥784,249〜¥9,102,371
GLKクラス ¥401,404〜¥3,701,180
GLS ¥2,110,674〜¥10,515,105
GLクラス ¥56,970〜¥10,381,135
Gクラス ¥712,500〜¥21,753,598
Mクラス ¥712,500〜¥5,423,936
Rクラス ¥264,202〜¥1,579,939
SL ¥374,538〜¥10,817,798
SLK ¥33,085〜¥5,863,426
Sクラス ¥712,500〜¥23,154,754
Vクラス ¥712,500〜¥13,517,724
ビアノ ¥237,216〜¥1,193,393

Sクラスと同じボディタイプ別の買取参考相場

車種 買取価格
5008 ¥117,680〜¥5,435,194
5シリーズ ¥712,500〜¥9,978,317
7シリーズ ¥102,802〜¥25,043,431
A3セダン ¥417,410〜¥3,898,412
A4 ¥32,721〜¥6,330,191
A8 ¥215,015〜¥14,969,900
Cクラス ¥712,500〜¥17,593,770
Eクラス ¥712,500〜¥9,930,798
GS ¥712,500〜¥6,670,385
HS ¥116,391〜¥3,166,679
IS ¥712,500〜¥8,893,811
LS ¥712,500〜¥17,045,013
M3 ¥763,538〜¥15,095,875
M5 ¥712,500〜¥17,875,222
M6 ¥1,426,114〜¥9,214,472
MIRAI ¥580,554〜¥3,825,696
S4 ¥413,001〜¥6,342,284
S60 ¥11,884〜¥5,054,551
S8 ¥984,869〜¥9,463,956
SAI ¥147,318〜¥2,754,959
Sクラス ¥712,500〜¥23,154,754
WRX S4 ¥671,533〜¥5,603,731
アテンザスポーツ ¥51,742〜¥1,058,991
アテンザセダン ¥42,902〜¥3,667,555
アリオン ¥76,444〜¥2,185,378
アリスト ¥712,500〜¥3,917,491
アルテッツァ ¥712,500〜¥2,828,036
インフィニティQ45 ¥712,500〜¥3,442,553
インプレッサ ¥712,500〜¥10,722,643
カムリ ¥65,952〜¥4,713,480
カローラ ¥52,922〜¥2,216,843
カローラアクシオ ¥712,500〜¥2,528,381
ギブリ ¥1,410,961〜¥17,575,754
クアトロポルテ ¥492,741〜¥12,863,731
クラウン ¥712,500〜¥7,183,761
シーマ ¥712,500〜¥5,572,116
ジェッタ ¥15,537〜¥871,860
シビック ¥712,500〜¥16,279,901
シビックハイブリッド ¥3,644〜¥1,070,159
ジュリエッタ ¥6,890〜¥4,068,290
シルフィ ¥141,180〜¥2,017,839
スカイライン ¥712,500〜¥38,302,117
スプリンター ¥284,823〜¥1,180,691
セルシオ ¥712,500〜¥2,802,703
センチュリー ¥712,500〜¥22,842,213
ティアナ ¥712,500〜¥2,603,744
パサート ¥94,150〜¥4,301,715
フーガ ¥712,500〜¥5,040,004
プリウス ¥712,500〜¥5,168,868
プリウスPHV ¥220,226〜¥4,353,846
プリメーラ ¥271,001〜¥811,798
プレジデント ¥712,500〜¥2,460,844
プレミオ ¥712,500〜¥2,984,267
マークII ¥712,500〜¥5,044,214
マークX ¥712,500〜¥7,301,808
マークXジオ ¥712,500〜¥1,209,222
マツダスピードアテンザ ¥285,101〜¥1,127,895
ラティオ ¥40,097〜¥947,376
レガシィ ¥422,988〜¥2,897,426