ハスラーの買取実績相場

現在の買取参考相場
¥170,851〜¥2,137,265
下取り価格
¥155,474〜¥2,030,402
年式
2014年〜2021年
走行距離
1万km〜19万km

SellCaオークションでの高額買取実績

ハスラーのグレード別買取参考相場

グレード 買取相場価格
¥170,851〜¥1,761,670
¥209,951〜¥2,036,415
Gターボ ¥233,130〜¥1,792,625
¥247,460〜¥1,636,859
Xターボ ¥250,047〜¥1,924,240
Jスタイル ¥306,027〜¥2,137,265
Fリミテッド ¥370,263〜¥1,729,236
タフワイルド ¥501,275〜¥1,799,581
Jターボ ¥522,715〜¥1,901,169
¥341,711〜¥1,889,190
ワンダラー ¥543,459〜¥1,842,400

連絡・査定はセルカのみで
最大6000社があなたの車に値付け!

セルカにお申込みをいただくと、セルカと提携している全国6000社の車屋さんにあなたの愛車を見てもらえます。
お客様への連絡はセルカからのみなので、しつこい営業電話をいろんな業者から受けたり、何回も査定を受ける手間がありません。

書類手続きやローンの精算なども
セルカサポートがすべてフォロー!

お車のご売約後に発生する、書類の提出等の諸手続きもセルカのサポート部隊がすべてフォローいたします。
お引渡しからご入金まで、他の業者さんなどと連絡をとっていただく必要は一切ありません。

通常の車買取ではかかる
中間業者の手数料がかかりません!

一括査定などの買取業者はお車を買い取ったあと、車屋さんに再販します。このときにかかる費用や買取業者の利益分がが予め査定額から引かれています。
セルカでは間に入る業者を飛ばして、実際に「この車がほしい!」という方に直接車を買ってもらうことができるため、買取業者が得ていた利益や手数料をお客様に還元できます。

SellCaでご売却いただいたお客様の声

ハスラー / Jスタイル
成約日:2018年08月
買い替えをすることになり、買取先を探していました。 オークションを使うのは初めてでしたが、査定をしに家まで来てくださり、査定も黙々とスムーズに早くやってくれたので時間がかからず本当に良かったです。 金額も家の近くの買取店より10万円以上も高く売れました。 本当にありがとうございます。
ハスラー / FリミテッドⅡ
成約日:2019年02月
他社より20万円も高くうれました。 オークションははじめてだったので全部完了するまで不安でしたが査定しにきてくれた人も、車を取りにきてくれた人も親切でした。 電話で対応してくれた担当の人もわかりやすく、LINEでやりとりができたのでこちらも遠慮なく質問できたのでスムーズでした。 ありがとうございます。
ハスラー / Xターボ
成約日:2020年08月
まさか、相場より20万以上高く売却されてビックリです。 また、他社とは違い余計な手数料等もあまり多く掛からず売却後のサポートもしっかりされていたので今回利用させて頂いて本当に良かったと思いました。次回車を売る時もまた使いたいです。
ハスラー / タフワイルド
成約日:2021年03月
一度事故したので、100万円は無理なのかなと諦めたところだったのですが、結果希望の価格で売っていただきよかったです。対応もすごく丁寧で、早くて、はじめて車を売るわたしにとってはとても助かりました。ありがとうございました。
ハスラー / G
成約日:2021年06月
退職を機に2年半仕事で使用していた車を出品しました。ディーラーで80万円以上は無理と言われていた車検前の車が、なんと30万円も高く売却することができました。担当の方の対応も大変よく、感謝の気持ちでいっぱいです。 どうもありがとうございました。

スズキ ハスラーを高く買い取ってもらうコツ

 

ハスラーの人気グレード


スズキ ハスラーの人気グレードは「 G 」「 Jスタイル 」「 Xターボ 」の3種類です。
2014年の発売開始から驚異的な人気を誇るクロスオーバーSUVタイプの軽自動車で、その唯一無二に等しい存在感から、いち早く市場に馴染んだ大人気の車です。
人気グレードの「G」は、ライトがLEDではなくハロゲンヘッドランプになっています。
昨今の安全意識の高まりから、自動車メーカー各社がLEDランプへの変更を続ける中でのあえての選択肢であり、LEDほどまぶしさを感じにくいことからよく選ばれる傾向にあります。
上位グレードの「 X 」はLEDヘッドランプですが、人気という点では「G」に軍配が上がります。
また、ハイブリッドモデルも存在しており、環境性能の高さも魅力のひとつです。

人気グレードを3種類ラインナップしたものの、買取相場に大きな差がないのも特徴です。
ハスラーは軽自動車でありながら今人気のSUVライクのデザインに仕上がっており、顧客のニーズをある程度叶えている車でもあります。
ほかのSUVのように大柄ではないため女性でも運転しやすいほか、カラーバリエーションも豊富で年齢性別を問わず購入しやすい車であることが人気の秘訣のようです。
買取価格だけ見れば上記の3車種が高額買取に結び付きやすいものの、それ以外のグレードもリセールバリューが高いので、まずは査定してもらうことをおすすめします。

 

ハスラーの人気カラー

 

スズキ ハスラーの人気カラーは、ほかの車とはやや違い、ツートンの人気が高い傾向です。
代表的な人気カラーは、ホワイト系とブラック系のツートンカラーで、どちらをメインカラーにしていても比較的高い価格での取引が行われています。
ハスラーが人気を博した背景には、テレビCMの影響が大きく、そちらでもオレンジ+ホワイト、ピンク+ホワイトなどのボディカラーが全面的に押し出されていました。
また、女性受けが非常に良いだけではなく、車=単色のイメージを覆しているのも特徴で、ツートンに人気が集中しています。
単色では「クールカーキパールメタリック」「アクティブイエロー」「フェニックスレッドパール」が人気で、ほかの車とは違い個性が出るボディカラーが人気です。
コンセプトも「遊べる軽」であったこと、若者をターゲットにしていたことからもこのボディカラーに人気が集中していても違和感はないでしょう。

個性的なボディカラーで人気を集めるハスラーですが、王道のブラック系・ホワイト系・シルバー系にはないお手入れの注意点があります。
特にレッド系のボディカラーでよく見られる「日焼け」現象です。
太陽の光に含まれる紫外線の影響で、赤色はダメージを受けやすく、劣化してしまうとくすんだボディカラーになってしまうことがほとんどです。
日焼けしてしまうと買取価格に大幅な影響が出てしまうため、ガレージ補完ができるのであればガレージで、できないのであればカバーをかけるなどの対策をしておくといいでしょう。

 

ハスラーの人気オプション

 

スズキ ハスラーの人気オプションは「純正ナビ」です。
純正ナビでなければできないことはあまりありませんが、もともと高額なオプションなので、高額査定につながりやすくなります。
また、クロスオーバーSUVタイプの軽自動車なので、アウトドアをはじめとする遠出を目的とした購入者も多く、純正ナビがついているとそれだけで付加価値になります。
純正ナビではなく、社外ナビでもプラス評価は獲得できるものの、純正ナビには劣ってしまうため純正で装着しているハスラーは高額買取につながる可能性が高いのです。
正常に作動するかなどを含めての確認は必須ですが、動かなくなってしまうことはそうそうありません。
きちんと目的地までの道案内ができるかどうか、純正ナビについている機能に問題がないかが確認できれば十分でしょう。

 

 

 

スズキ ハスラーの特徴

 

ハスラーの概要

 

スズキ ハスラー2014年に登場したクロスオーバーSUVの姿をしたSUVです。
2020年にフルモデルチェンジが行われたものの、中古車市場では初代モデルのほうが台数が多い状態で、今後徐々に2代目が増加してくるでしょう。

初代ハスラーは全長3,395mm×全幅1,475mm×全高1,665mmと軽自動車でがごく一般的なサイズ感の車です。
広告戦略もうまく、発売当初から大ヒットを記録していますが、それ以外にもヒットした要因が多いのがハスラーの特徴です。

まず国内の軽自動車では珍しく、トランスミッションにMT(マニュアルトランスミッション)を採用しています。
多くの車がAT(オートマチックトランスミッション)を採用し、免許に関係なく運転できるよう配慮が行われている中でのこのラインナップは、MT車愛好家に新たな選択肢を提供しました。
もちろんAT車も存在するので、MT免許を持っていなくてもハスラーでのドライブを楽し無ことはできます。

ハスラーは内装設備に特徴がある車で、例えば運転席のアームレストです。アームレスト自体は他の車種にも実装されていますが、ハスラーの場合は収納ボックスも付属しているのです。

また後部座席のリアドアポケットにはペットボトル2本分を収納する事もできますし、助手席のインパネをテーブルにする事もできます。ハスラーはインテリアも広々していて、助手席の下には収納スペースがありますし、助手席と後部座席を倒すとサーフボードを格納する事も可能です。

それとハスラーにはシートヒーターも実装されています。2WDの軽自動車なのにシートヒーターが実装されているのは、ハスラーぐらいなのです。

ハスラーは雪道にも強く、常に地上高を180mm確保しているのです。また雪道の悪路にも強く、多少の起伏がある道でも問題なく走ってくれます。ですからハスラーは内装設備や寒冷地対策が充実している訳ですが、初心者にもやさしい車でもあります。独自のコントロール性能があって、坂道で発信する時にも車が後退しづらいですし、下り坂も一定速度で走行できるようになっています。

落ち着いて運転できるような機能が備わっていますから、初心者でも安心という声も根強いです。

2代目ハスラーも基本的にはキーコンセプトのまま登場。
初代の勢いそのままに、現在でも高い人気を誇っている車です。

 

ハスラーの魅力

 

スズキ ハスラーの魅力は、現在の軽自動車ではないコンセプトを持っている点です。
ハスラーはクロスオーバーSUVモデルの軽自動車という、唯一無二のコンセプトを持っています。
これはトールワゴンとSUVの特性を融合させたことで生まれた新ジャンルであり、ハスラーはそのパイオニア的存在です。
先代車種であるKeiと差別化した点は、セダンとSUVの組み合わせなのか、トールワゴンとSUVの組み合わせなのかの違い。
Keiのコンセプトとは根本的に異なるため、ハスラーがKeiの後継車種だと知らない人も少なくありません。
もう1台、同じスズキの人気車種であるジムニーも、ハスラーに近いコンセプトを持っていることで話題になりますが、ジムニーはクロスカントリー4WDという、こちらも一風変わったコンセプトを持っているため、ハスラーとの棲み分けが見事にできているのです。

そもそも、ハスラーの開発開始の背景には、Keiの生産終了とそれを惜しむ声がスズキの社長の耳に届き、ハスラー開発を始めたのがきっかけです。
開発当初は完全に未知の領域であったハスラーですが、販売してみたところ、月間販売目標の5,000台を大幅に上回るオーダーを取り付け、一時は納車まで数ヶ月待ちの事態に陥るほどのロケットスタートを切りました。
同時にグッドデザイン賞やオートカラーアウォードを受賞し、人気がさらに向上しています。

市場での大ヒットの裏には、Kei以降の変わったコンセプトの軽自動車がなかったことに加えて、クロスオーバーSUVというジャンルが関係しているでしょう。
一般的に、SUVというと大柄なボディで運転しにくく、かつ女性には選びにくいいかついデザインのものが主流です。
ハスラーはその両面を覆した車として登場し、SUV市場にはあまり多くはなかった女性ユーザーの取り込みにも成功します。
「アラレちゃん」や「ももいろクローバーZ」など、女性受けを狙った広告戦略も功を奏し、男女問わず選ばれる唯一無二の車として、スズキのメインラインナップに食い込んでいます。

もちろん、デザイン面だけではなく走行性能も高いため、本格的なSUV同様に乗りこなすことも可能です。
広告でもアウトドアを楽しむシーンが放映されており、かつそれを可能にする車でもあるため、非常に人気の高い車でもあります。
乗り手を選ばず、かつ唯一無二のコンセプトを与えられたことで、ハスラーは登場してから今に至るまで高い人気を保ち続けているのです。

 

ハスラーの歴史

 

ハスラーの初代モデルが発売されたのは、2014年の1月8日です。

2013年のクリスマスに公式発表され、翌年の年初に発売された形になります。この時に登場したモデルは、アクティブさが意識されています。日々アクティブに活動する方向けのクロスオーバーの軽自動車を作りたいというコンセプトの下で、初代モデルが登場しました。

そのモデルは悪路にも強く、独自のスタイリッシュなデザインが特徴的でした。丸みを帯びた可愛らしいデザインが特徴的で、どことなくノスタルジックな雰囲気もあります。なおかつ燃費も優れていたので、ユーザーからの評価は高いモデルでした。売上も安定しています。

2014年には特別仕様車も発表され、フロントグリルに英文字表記のHUSTLERのエンブレムが装着されています。この時には助手席にもヒートシーターが実装された上に、バックアイカメラも追加されたのです。

2015年の5月13日にもハスラーは若干改良され、圧縮比や排気や吸気などが見直しされた事により、動力と燃費が向上しています。またシリンダーケースや触媒ケースなどが簡素になり、とても軽い車になりました。その後にも何回か改良されましたが、2017年1月に新しいモデルが登場しています。Xターボというモデルですが、エンジンをアシストする機能が強化された事により、以前よりも走りが力強くなりました。インタークーラーも採用された事により、更に悪路に強くなりましたし、加速性能も向上しました。ドライビング性が良くなった訳です。このモデルには数種類の安全装置も搭載されたので、更に運転の安全性が高まりました。

2017年1月に登場したモデルは、ハスラーの中では最上位であると評価されている事もあります。
また2018年の仕様変更で「全方位モニター用カメラパッケージ」がオプション装備可能になったことで、ますます使い勝手に磨きがかかりました。
同年には特別仕様車が2台発表されるなど、スズキもハスラーの開発に力を入れていることがわかります。

2020年にフルモデルチェンジを実施し、2代目ハスラーが登場しました。
デザイン面では初代とほぼ変わりないものの、全体的に角ばったデザインに意匠変更されています。
またルーフが高くなったことに加えてホイールベースもやや長くなり、今までよりも室内空間に広さを感じやすくなっています。
ラゲッジアンダーボックスが脱着可能になっており、なおかつ丸洗いできるため、アウトドアでの活躍も今後増えると考えた新機能も魅力的です。
安全性能も高く、今後も引き続き高い人気を維持する可能性のある車です。

 

スズキ ハスラー買取相場の傾向

 

スズキ ハスラーの買取相場の傾向は、下落傾向ではあるものの軽自動車の中では高い水準で推移しています。
新車販売の売れ行きの良さからもわかるとおり、初代・2代目ともに安定した高額査定が狙いやすい車でもあります。
現在、2代目の生産形態が整ってきたタイミングであり、2代目の中古車市場への流入増も加味すると、今後買取価格は下落していく可能性が高いです。
しかし、唯一無二の存在であること、乗り手のステータスを選びにくいことなどから、急激な価格下落にはならないでしょう。
年式や走行距離によって買取相場は異なるものの、全グレードで見ても新車価格の半分~2/3程度になることが多い印象です。
軽自動車だけではなく、自動車全体で見た時のリセールバリューは非常にいいと言えるでしょう。

ただ、ハスラー特有の注意点があるのも事実です。
例えば査定前の洗車は、高額買取を狙うのであれば王道中の王道ですが、ハスラーはSUVの性質を持ち合わせているため、外観だけではなく足回りも注目してきれいにしておいた方がいいでしょう。
特にアウトドアやオフロード走行後は、足回りに小石などが挟まってしまうことが多いです。
実はこの小石が原因で、サスペンションを中心にした部位に故障が生じることもあります。
そのため、軽自動車としてだけではなくSUVの性格ももつハスラーは、一般的な気自動車以上の保守管理が必要になります。
洗車やワックスと同様、定期的に手入れをする習慣をつけると査定前に焦ることがなくなるので安心です。
また、それ以外でも傷にも注意しましょう。
いかに人気車種とはいえ、傷や修理歴は査定で大幅な減額ポイントです。
買取先によっては価格が付くこともありますが、やはり市場の平均よりは低い傾向になるでしょう。

中古車買取オークションのセルカでは、修理歴のあるハスラーでも高額買取に成功した例があります。
2019年式で走行距離約1.5万kmの特別仕様車タフワイルドが、100.8万円で買い取られた実績があります。
一度事故を経験し、査定時にも修理歴ありで登録されていましたが、最終的には100万円を超える価格で落札されました。
また、2014年式で走行距離10万km越えのハスラーGが、49.4万円で落札された例もあります。
いかに人気車種でも10万kmを超えると買取価格は数万円程度にしかならないことがほとんど。
その中でセルカでは、50万円近い買取価格を実現しています。
セルカでは、修理歴があっても年式が古くても査定を受け付けています。
査定後は提携する全国6,000店の中古車販売店が入札し、一番高い価格を付けた買取店が買い取るシステム。
他店ではできない高額買取ができるかもしれません。
大切な愛車を高く買い取ってほしいなら、中古車買取オークションのセルカまでお問い合わせください。

 

 

 

コラム編集部
SellCa車買取コラム編集部
中古車査定のエキスパートが車の買取に関するお得な情報をご案内いたします。

SellCaオークションのご利用の流れ

  • Step 1
    無料査定申込
    無料査定申込 あなたの愛車情報をご入力ください
    あなたの愛車情報を
    ご入力ください。
  • Step 2
    査定
    査定
    ご自宅で査定を受けましょう。
    査定のお時間は約30分程度です。
    ※エリアによってはお伺いできない場合もありますのでご相談ください。
  • Step 3
    オークションに出品
    オークションに出品
    査定内容をご確認いただき、
    愛車をオークションに
    出品します。
    全国最大6000社のバイヤーがオンライン入札!
  • Step 4
    売却
    売却
    オークションで最高額にご納得いただけたらバイヤーへ売却!愛車をバイヤーに渡し、セルカから代金をお支払いしてお取引完了です。

車買取に関するおすすめコラム

 

スズキ車種別の買取参考相場

車種 買取価格
ジムニー ¥637,000〜¥4,040,924
ジムニーシエラ ¥637,000〜¥4,440,027
スイフト ¥637,000〜¥2,404,471
スペーシア ¥99,852〜¥1,884,648
ソリオ ¥637,000〜¥2,588,219
ハスラー ¥170,851〜¥2,137,265
ワゴンR ¥637,000〜¥1,756,480

ハスラーと同じボディタイプ別の買取参考相場

車種 買取価格
AZオフロード ¥637,000〜¥1,766,375
AZワゴン ¥637,000〜¥705,669
N-BOX ¥96,069〜¥2,102,251
オートザムAZ-1 ¥561,832〜¥4,893,170
オッティ ¥637,000〜¥673,630
キックス ¥54,201〜¥1,380,866
キャロル ¥637,000〜¥1,045,217
キャロルエコ ¥70,557〜¥729,333
ジムニー ¥637,000〜¥4,040,924
スクラムワゴン ¥56,637〜¥1,893,625
スピアーノ ¥637,000〜¥1,067,345
タント ¥637,000〜¥2,178,267
デイズ ¥50,083〜¥1,994,154
デイズルークス ¥94,012〜¥1,961,419
ハスラー ¥170,851〜¥2,137,265
ピクシスジョイ ¥344,724〜¥1,493,126
ピクシスメガ ¥234,409〜¥2,370,720
ピノ ¥47〜¥467,396
フレア ¥38,191〜¥1,481,109
フレアクロスオーバー ¥199,635〜¥1,613,280
フレアワゴン ¥79,300〜¥1,822,899
ムーヴ ¥637,000〜¥1,867,865
モコ ¥637,000〜¥1,231,000
ラピュタ ¥51,141〜¥522,726
ルークス ¥5,697〜¥2,214,755
ワゴンR ¥637,000〜¥1,756,480