【一番高く売れる】BMW Miniの買取・査定相場、リセールバリューや高額売却のコツ

SellCaオークションでの高額買取実績

 

BMW Miniは1959年、英国のBritish Motor Corporationによって製造されたコンパクトカーを原型としています。

オイルショックの最中でも維持できる必要最小限の機能群を搭載した合理的な設計は絶大な人気を博しました。

1994年、ローバーがBMW傘下となってからは時代のニーズに合わせた改良が行われ、2001年以後、BMW Miniはプレミアムなコンパクトカーとしての地位を確立していくことになります。

今回は、そんなBMW Miniの査定相場や高額売却のためにできることをご紹介します!

BMW Miniの買取情報

SellCaオークションでの高額売却実績

SellCaオークションでの高額買取実績

 

BMW Miniのグレード、色、オプションなど

グレード:クーパー/クーパーS

BMW Miniの基本グレードは、「ONE」「クーパー/クーパーD」「クーパーS/クーパーSD」の3種類で、後者ほど排気量や馬力に優れるグレードとなっています。
※Dが付くグレードはディーゼルエンジンモデルです。

特殊グレードには、スポーツカスタムな「ジョンクーパーワークス」、プラグインハイブリッドシステムを搭載した「Miniエレクトリック」が存在しました。
位置づけとしては、ONEが最も安いエントリーグレード、クーパーが標準グレード、クーパーSが高級グレードといったところ。

そんなBMW Miniでは、新車・中古車ともにクーパーやクーパーSが人気です

ONEとクーパー系グレードの違いは、エンジンパワーのほかエクステリア、インテリアでも差があります。
ONEは、シンプルな内装および単色のエクステリアが特徴です。

一方のクーパーでは、ルーフカラーをチェック柄やイギリス国旗柄など自由に選ぶことができます。
インテリアもONEと比べて高級感のあるデザインとなっており、普段使いから送迎まで用途に富みます。
そのため中古車市場では、汎用性に優れるクーパー系グレードに特に人気が集まっています。

クーパーSは、さらに高いエンジン性能と内外装の高級感を誇り、タイヤホイールも16~17インチが標準設定と最低グレードのONEよりインチアップされています。

スポーティな仕様を好むユーザーは車好きであることが多く、購入にあたって多少の出費もいとわない傾向にあります。

そのため、リセールバリューはクーパーSや特別仕様車で高くなっています。

オプション:純正ナビゲーションパッケージ、LEDヘッドライト、インチアップホイール

BMW Mini純正ナビは購入時にしか搭載できない貴重なメーカーオプションです。
非常に高額なパッケージであり実用性も高く、再販時には人気があります。

そのほか、見た目で大きな違いが現れるのがLEDヘッドライトおよびフロントフォグです。
ONEやクーパーで標準のハロゲンライトと比べると、ダイヤのように光るLEDライトの存在感は抜群。

BMW Miniは、そのデザイン性に惹かれて購入するユーザーも多いことから上記のオプションがついた車では査定額がアップしがちです。

  関連記事: 車の査定でプラスになりやすいオプションは?

色:Pepper White(白:850)、Midnight Black Metallic(黒:A94)

最も人気があるのがペッパーホワイトです。
マイルドなクラシック加工がほどこされた優しい色合いが印象的で、初代Mini(R50)から人気のある定番色となっています。

女性にはブレイジングレッドやアイスドチョコレートが人気でした。
不人気カラーと比較して上記人気カラーであれば5万円~20万円ほどの差がつくことがあります。

このほかどの車種にも言える条件として、修復歴なし、禁煙車、走行距離が短い、カスタム歴なしといった点が挙げられます。
そのほか汚れの有無として、ボディ全体、タイヤフロア、ドア回り、シート回り、フロアマットおよびフットスペース、喫煙・ペットの臭いの有無などを見られます。

内外装の落とせる汚れは落として清掃した状態で引き渡すようにこころがけましょう。
また、車に関する書類一式(整備記録簿、製品マニュアルなど)も保管されていると買取金額がアップすることがあります。

関連記事: 車の色の秘密

あなたのBMW・MINIはいかがですか?

お車の走行距離や状況によっても価格が大きく異なりますのでまずは査定してもらいましょう!

  関連記事: 車の査定で見られるポイント

関連記事: キズは査定前に直した方がいいの?

では、ここで BMW・MINI を高く売るために BMW・MINI のことをもうちょっと知っておきましょう。

関連記事: 輸入車高額売却のポイント

BMW・MINI の概要

BMWミニは、3ドアタイプ、5ドアタイプ、コンバーティブル(オープンカータイプ)、クラブマン(ワゴンタイプ)、クロスオーバー(セダンスタイルなSUVタイプ)が基本モデルとなっています。
過去には特殊なモデルとしてJohnCooperWorks(ハイパフォーマンスタイプ)、MiniElectric(PHVタイプ)などが販売されてきました。

BMWミニの魅力はなんといってもそのキュートなルックスにあります。
子犬のような小動物を思わせるフロントマスクと丸みを帯びたスタイリングが特徴的で女性にも男性にも人気の車となっています。

コンパクトな車体とその見た目から非力なマシンと思われがちですが、中位~上位モデルでは実用に十分すぎるほどのパワートレインが搭載されます。

加えて車重が軽いため、カタログにあるエンジンスペックよりも優れたドライビングフィールを味わうことが可能です。

昔から「変わらない良さ」をキーコンセプトに開発が進められ、モデルチェンジがなされてもおおまかな外観は維持されるという点もオールドファンから愛され続けている理由でしょう。

これまで数多くのファンを獲得し、ニーズの多様化にも対応。豊富な車体バリエーションを持つまでに成長してきています。

BMW・MINIの歴史

BMW Miniは、1959年にBritish Motor Corporation社が発売した「BMC Mini」を原型としています。
同モデルは、1994年にMiniを生産していたローバーがBMW傘下となったあとも2000年まで販売されていました。

2001年に「BMW Mini」として生まれ変わったあとは、ボディサイズが軽自動車以下のサイズからコンパクトカーサイズまで拡大。
グレード構成を、エントリーモデルのONE、標準グレードのクーパー、高級グレードのクーパーSとして発売されるようになります。

エンジンの違いでは、2001年~2006年までを第1世代、2006年~2013年までを第2世代、2013年~現在(2019年4月)にいたる第3世代に分類することができます。

車体タイプの進化では、第2世代が印象的でした。

Miniといえばコンパクトカーといったイメージがありましたが、ワゴンタイプのクラブマンや車高の低いセダンチックなクロスオーバーSUVが登場し話題を集めました。
そのほか、コンバーティブルクーペも追加され1車種で豊富なスタイルを持つ総合的なMiniブランドが確立することになります。

2010年3月以降のマニュアルミッション車では、アイドリングストップ機能が追加され燃費が向上しました。
2013年には第3世代へと進化。

AndroidやiOS端末に対応した「Miniコネクテッド」機能を搭載したセンターディスプレイを配置し、時代のニーズに合わせた仕様となりました。安全性能面では、低速走行時に作動する自動ブレーキシステムの搭載やETC内蔵のルームミラーや運転を補佐するアクティブクルーズコントロール 機能を搭載。

2015年2月12日には、惜しまれつつもクーペモデルとロードスターモデルが生産終了となりますが、コンバーティブルモデルは生産が継続されています。

以後、アイドリングストップ機能がAT車にも採用されたことでさらに燃費が向上。
カントリーマン(日本名:クロスオーバー)にはMini史上ではじめてプラグインハイブリッドシステムが搭載。

特殊モデルではスポーツスタイルでハイチューンのJohnCooperWorksも絶えず進化を続けており、BMW Miniの人気は今後も衰えることはないでしょう。

コラム編集部
SellCa車買取コラム編集部
中古車査定のエキスパートが車の買取に関するお得な情報をご案内いたします。

SellCaオークションのご利用の流れ

 

  • Step 1

    無料査定申込

    無料査定申込 あなたの愛車情報をご入力ください

    あなたの愛車情報を
    ご入力ください。

  • Step 2

    査定

    査定

    ご自宅で査定を受けましょう。
    査定のお時間は約30分程度です。
    ※エリアによってはお伺いできない場合もありますのでご相談ください。

  • Step 3

    オークションに出品

    オークションに出品

    査定内容をご確認いただき、
    愛車をオークションに
    出品します。
    全国最大6000社のバイヤーがオンライン入札!

  • Step 4

    売却

    売却

    オークションで最高額にご納得いただけたらバイヤーへ売却!愛車をバイヤーに渡し、セルカから代金をお支払いしてお取引完了です。

 

 

 

 

BMW車種別の買取実績相場

 

車種 買取価格
1シリーズ 5.3万円〜216万円
2シリーズ 69.5万円〜257.6万円
4シリーズ 207.9万円〜273.9万円
5シリーズ 11.9万円〜400.2万円
7シリーズ 18.9万円〜407.6万円
M2 338.9万円〜506.7万円
M3 190.6万円〜477.3万円
M4 510.2万円〜768.1万円
M5 291.4万円〜291.4万円
M6 98.5万円〜412.3万円
X1 39.9万円〜320.7万円
X2 342万円〜342万円
X3 18.3万円〜531.1万円
X4 295.4万円〜368.9万円
X5 44.1万円〜725.7万円
Z4 18.7万円〜364.6万円

 

 

 

 

MINIと同じボディタイプ別の買取実績相場

 

車種 買取価格
BMW 2シリーズ 102.1万円〜102.1万円
BMW 5シリーズ 25.7万円〜400.2万円
アウディ A3 10.7万円〜148万円
アウディ A5スポーツバック 131.6万円〜131.6万円
メルセデス・ベンツ Aクラス 148.7万円〜148.7万円
レクサス CT 282.4万円〜282.4万円
マツダ CX-3 157.1万円〜157.1万円
マツダ CX-5 185.7万円〜185.7万円
メルセデス・ベンツ GLAクラス 168.8万円〜168.8万円
マツダ MPV 5.5万円〜123.1万円
BMW X1 90.6万円〜90.6万円
BMW X5 198.1万円〜198.1万円
ボルボ XC60 155.9万円〜155.9万円
ボルボ XC90 23.6万円〜23.6万円
トヨタ アイシス 4.7万円〜6.5万円
マツダ アクセラスポーツ 3万円〜144.7万円
マツダ アテンザスポーツワゴン 16.6万円〜42万円
トヨタ アベンシスワゴン 35.7万円〜35.7万円
トヨタ イプサム 12.3万円〜12.3万円
スバル インプレッサ 8.3万円〜100.9万円
トヨタ ウィッシュ 3.2万円〜189.2万円
トヨタ ヴェルファイア 125.1万円〜286.7万円
トヨタ ヴォクシー 3.4万円〜3.4万円
ホンダ エアウェイブ 5.7万円〜13.1万円
トヨタ エスティマ 13.6万円〜13.6万円
トヨタ エスティマハイブリッド 62.4万円〜62.4万円
ホンダ エリシオン 12.2万円〜41.3万円
日産 エルグランド 3.9万円〜3.9万円
ホンダ オデッセイ 3.9万円〜49.9万円
ホンダ オデッセイハイブリッド 242.3万円〜244.2万円
トヨタ ガイア 3.9万円〜3.9万円
トヨタ カローラアクシオ 46.6万円〜46.6万円
トヨタ カローラフィールダー 10.3万円〜115.1万円
日産 キューブ 5.9万円〜5.9万円
フォルクスワーゲン ゴルフヴァリアント 6.8万円〜85.5万円
フォルクスワーゲン ゴルフトゥーラン 41.8万円〜221.8万円
ホンダ ジェイド 71万円〜194.5万円
トヨタ シエンタ 73.8万円〜73.8万円
ホンダ シャトル 133万円〜146.6万円
フォルクスワーゲン シャラン 130.3万円〜130.3万円
ホンダ ステップワゴン 6.3万円〜6.3万円
ホンダ ステップワゴンスパーダ 59.9万円〜219.3万円
ホンダ ストリーム 3.6万円〜24.7万円
フォルクスワーゲン ティグアン 8.8万円〜8.8万円
トヨタ ハイエースワゴン 20.9万円〜20.9万円
フォルクスワーゲン パサートヴァリアント 45万円〜332.8万円
トヨタ ハリアー 31.9万円〜316.8万円
マツダ ビアンテ 30.1万円〜30.1万円
ホンダ フィット 90.9万円〜90.9万円
スバル フォレスター 11万円〜199.2万円
トヨタ プリウス 12.3万円〜105.2万円
トヨタ プリウスα 26.3万円〜259万円
日産 プレサージュ 4.8万円〜11.9万円
マツダ プレマシー 5.7万円〜112.3万円
トヨタ マークXジオ 9.5万円〜32.4万円
ダイハツ ムーヴ 4.2万円〜4.2万円
日産 ラシーン 6.6万円〜6.6万円
日産 ラフェスタ 4.8万円〜51万円
トヨタ ランドクルーザー100 90.2万円〜90.2万円
スバル レヴォーグ 56.5万円〜280.8万円

 

 

 

 

人気車種の買取実績相場