【一番高く売れる】三菱 アウトランダーの買取・査定相場、リセールバリューや高額売却のコツ

 

アウトランダー

 

 

 

 

SellCaオークションでの高額買取実績

 

 

 

三菱、アウトランダーは悪路には比較的強い車で、外車のような独特のエクステリアは評価が高いです。

比較的長い距離を走るのにも向いている車ですが、インテリアも充実しています。3列座席の構造になっている上に、座席も収納できますから、車内には多くの物を積む事もできます。

静粛性も問題無いので、機能性には優れている車です。

今回はアウトランダーの中古車買取相場や概要について記述いたします。

 

 

アウトランダーの買取情報

 

SellCaオークションでの高額売却実績

 

SellCaオークションでの高額買取実績

 

 

アウトランダーのグレード、色、オプションなど

 

グレード:平成27年のGF7WとGF8W
 

アウトランダーの場合、年式は平成27年なら買取価格は期待できます。

平成27年のアウトランダーですと、GF7WとGF8Wという2つの車種は184万円以上の買取価格になる事も多いです。

車の状態が良ければ、さらに高く売れる可能性もあります。また平成25年のGF7Wも買取額が比較的高く、170万円台も十分期待できます。

 

オプション:電動サンルーフ 誤発進抑制機能
 

サンルーフがある車は開放感もありますので買取価格は高くなりやすいですが、アウトランダーもオプション設定のある電動サンルーフ付きの車は査定額が期待できます。

また、アウトランダーは、オプションで本革シートにする事もできます。手触りが比較的良い上に、手軽に掃除できるシートですから、買取店からの評価も比較的高いです。

加えてアウトランダーは、e-Assistという安全システムが標準装備されていますが、誤発進抑制機能のオプションを付ける事もできます。前方に障害物がある状態でアクセルを踏んだ時でも、緩やかに発進するよう調整してくれるシステムで、踏み間違いによる事故を防げるようになっています。こちらも査定では加点されやすいです。

  関連記事:車の査定でプラスになりやすいオプションは?

 

色:ホワイトパール、ブラックマイカ
 
 

中古車市場では、白色と黒色の車は高額買取になるケースが多いですが、アウトランダーも例外ではありません。

アウトランダーの場合、特にホワイトパールは人気があります。独特の透明感がある上に、真珠のような色合いであると評価されています。

またブラックマイカも人気があり、高級感のある黒い色合いに仕上がっていますから、その色の車は査定でも大きく加点される傾向があります。

  関連記事:車の色の秘密

 

あなたのアウトランダーはいかがですか?

お車の走行距離や状況によっても価格が大きく異なりますのでまずは査定してもらいましょう!

  関連記事:車の査定で見られるポイント

  関連記事:キズは査定前に直した方がいいの?

 

 

では、ここでアウトランダーを高く売るためにアウトランダーのことをもうちょっと知っておきましょう。

 

アウトランダーの概要

 

アウトランダーは三菱のSUV車であり、その走りには2つの特徴があります。

1つ目は、長距離の走行に向いている点です。他の車種と比べると、比較的長い距離を走行するのに向いている車になります。2つ目は、悪路にも比較的強い車になります。

全長は4,600mmと、サイズはややコンパクトです。

またアウトランダーはPHEVのハイブリッド自動車であり、たとえ電力が切れた時でもガソリンで走ってくれる機能が備わっています。

アウトランダーは外観にも特徴があり、外車のようなエクステリアであると評価されている事も多いです。車内シートは3列構造になっており、インテリアは比較的広々しています。また座席は収納できるようになっていて、比較的多くの荷物を積載する事も可能です。また静粛性にも評判が高くなっています。

燃費が比較的充実している点も、高く評価されています。

アウトランダーの買取価格は、平成27年のモデルなら180万円台で売れる事も多いです。年式との相関関係もあり、基本的には新しい車は高く売れやすく、平成26年の年式なら130万円台も期待できます。

 

アウトランダーの歴史

 

三菱アウトランダーの初代モデルは、2005年に登場しています。

ボディは軽量高剛性なつくりになっており、ルーフパネルにはアルミが採用されていました。運動性能に優れている車で、エンジンは直列4気筒DOHC、フロント部分にはマクファーソンストラットのサスペンションが採用されていました。

このため初代モデルのアウトランダーは、走りに安定感がありました。また初代のアウトランダーは2WDと4WDオートと4WDロックの3種類のモードがあり、たとえ走っている最中でもモード切り替えが可能な車でした。

翌年の2006年10月にはマイナーチェンジが行われています。パワーステアリングが改造され、エンジンやマフラーも改良されました。

また従来はインテリアはブラック基調に限られていましたが、マイナーチェンジに伴ってベージュ基調も追加され選択肢が広がりました。

さらに2007年の10月にもマイナーチェンジがあり、装備を追加できるようになり、この時はクルーズコントロールも標準装備されています。

その後に数回のマイナーチェンジがありましたが、2012年には二代目モデルが登場します。フルモデルチェンジに伴い、ボディは衝突の安全性が強化され、エンジンにAS&Gが組み合わされる事により、燃費が向上しました。

また、4輪駆動も変化していて、新たにS-AWCというオプションを追加できるようになりました。それに伴い、操縦性と安定性がワンランク高まりました。

なお今後のモデルチェンジの予定は、現時点では不明ではあります。ですが今後どこかでモデルチェンジされれば、査定額の水準も高まると想定されるので、今後の動向にはアンテナを張っておく必要があります。

 

 

 

アウトランダーの新車登録台数推移

 

 年間販売台数前年との比較
2018年9,143台6,169台
2017年2,974台22台
2016年2,952台153台
2015年2,799台825台
2014年1,974台-1,834台
2013年3,808台-104台
2012年3,912台-679台
2011年4,591台-3,571台
2010年8,162台1,547台
2009年6,615台-1,411台
2008年8,026台-4,676台
2007年12,702台-9,634台
2006年22,336台13,875台
2005年8,461台

 

 
 
 

 

 

SellCa車買取コラム編集部
中古車査定のエキスパートが車の買取に関するお得な情報をご案内いたします。

 

SellCaオークションのご利用の流れ

 

  • Step1

    無料査定申込

    無料査定申込 あなたの愛車情報をご入力ください

    あなたの愛車情報を
    ご入力ください。

  • Step2

    査定

    査定 お近くのセルカ提携店にて 査定を受けましょう。査定のお時間は約30分です

    ご指摘の場所への出張査定か
    セルカ提携店にて
    査定を受けましょう。
    査定のお時間は約30分です。

  • Step3

    オークションに出品

    オークションに出品

    査定内容をご確認いただき、
    愛車をオークションに
    出品します。
    全国最大6000社のバイヤーがオンライン入札!

  • Step4

    売却

    売却

    オークションで最高額にご納得いただけたらバイヤーへ売却!愛車をバイヤーに渡し、セルカから代金をお支払いしてお取引完了です。