メルセデスベンツ GLAクラスは、2013年に登場した小型のプレミアムSUVです。

メルセデスベンツのSUVシリーズには「G」「GL」の名称が付与されていますが、GLASUVシリーズ中で最小クラスのコンパクトなモデルになります。

かつて販売されていた「Mクラス」は「GLE」クラスとなりました。

扱いやすいサイズとリーズナブルな価格設定で人気を集めるメルセデスベンツ GLAクラス。

今回は、そんなメルセデスベンツ GLAクラスの中古車買取相場と高く買取してもらうコツについてご紹介します。

 

【ベンツ・GLAクラスの中古車買取情報】

 

ベンツ・GLAクラスは中古車市場でも人気があり高値がついている車種です。

中古車買取オークションのセルカでも脅威の高額買取額でベンツ・GLAクラスを売却されている方がたくさんいらっしゃいます。

 

ベンツ・GLAクラスの人気のグレード、色、オプションなど

 

グレード  

GLA 180GLA 220 4MATICGLA250 4MATIC スポーツ

 

メルセデスベンツ GLAクラスの新車市場では、都市部では廉価で燃費も最もよいGLA 180、降雪地方では4WD仕様でベーシックパッケージ分を装備した充実仕様のGLA 220 4MATICが人気です。

一方、メルセデスベンツ GLAクラスの中古車市場では、専用スポーツサスペンションを搭載した「Sports」や悪路走行性を高めた本格SUV仕様の「オフロード」など特色あるグレードが人気となっています。

 

オプション 

レーダーセーフティパッケージ、ベーシックパッケージ、プレミアムパッケージ

 
 

メルセデスベンツ GLAクラスのオプションでは、先進の安全性能が比較的安価なオプション料で搭載できるレーダーセーフティパッケージが人気です。

このほか設定記憶機能付きフルパワーシートや電動ランバーサポート、高品質なサラウンドシステムなどがつくプレミアムパッケージも買取評価が高いオプションになります。

 

色 

カルサイトホワイト(白:650)、コスモスブラック(黒:191)、ポーラーシルバー(銀:761)

 

メルセデスベンツ GLAクラスのカラーでは、老若男女に好まれやすいホワイト・ブラックカラーが最も人気となっています。

次いで色の変質や表面のキズ・汚れが目立ちにくいシルバーカラーが人気で、買取査定額がその他の色と比較して5%程度アップしがちとなっています。

 

あなたのベンツ・GLAクラスはいかがですか?

お車の走行距離や状況によっても価格が大きく異なりますのでまずは査定してもらいましょう!

 

査定依頼

 

では、ここでベンツ・GLAクラスを高く売るためにベンツ・GLAクラスのことをもうちょっと知っておきましょう。

 

【ベンツ・GLAクラスの概要】

 

メルセデスベンツ GLAクラスは、2013年に登場したシリーズ中で最小クラスのプレミアムSUVです。

メルセデスの伝統が生んだ初めてのプレミアムコンパクトSUVであり、そのエクステリアは、コンパクトセダンの車高を上げたようなスタイリッシュなクロスオーバースタイルを特徴としています。

インテリアは、エントリーモデルながらインストゥルメンタルパネルやエアダクト、ドアノブなど随所に銀メッキ加工が多用されたリッチなデザインが特徴的です。

薄型化され洗練されたコンソール類と相まって他車との高級感の違いを感じることができます。

エンジンは、コストや維持費低減に効く小排気量型エンジンが採用され、ターボやチャージャー技術を駆使して実用十分な出力性能を実現しています。

トランスミッションは多段化が進み、シームレスで快適なドライビングフィールを提供するとともに動力効率の最適化によって燃費性能向上にも貢献しています。

足回りでは、FF駆動方式によるシャープなハンドリング性能を活かすストラット式サスペンションを前輪に採用。

後輪には、メルセデスベンツ伝統のマルチリンク式が搭載され、ボディと足回りの重量比の調整を行うことで良質な乗り心地も追及されています。

「事故を無くす」という安全思想を原点および最終目標に持っているメルセデスベンツ。

伝統の高剛性ボディ、低消費電力で長寿命かつ視認性の高いLEDランプの多用、エアバッグシステムの充実といったハードウェア設計にはじまり、時代先端のIT技術を活用した先進の安全機能が搭載されています。

エントリークラスであっても差別化されることなく安全性能にかかるコストは決して省かれていません。

日本国内の狭い道で乗るには便利なサイズと、しっかり使い切れる性能が特徴でコストパフォーマンスが高いモデルがメルセデスベンツ GLAクラスです。

 

ベンツ・GLAクラスの歴史

 

メルセデスベンツ GLAクラスは、2013年に登場したシリーズ中で最小クラスのプレミアムSUVです。

初代メルセデスベンツ GLAクラス(X156型)は、Aクラス(W176型)をベースに開発され、同ブランドで最小クラスのSUVモデルとして登場しました。

エクステリアは、全長×全幅×全高で、4430mm1805mm1505mm、ホイールベースは2700mmで車重は1470kgほどでした。(2014年発売モデル「GLA180」グレード)

エンジンは、直列型4気筒1.6L2.0L(122ps~381ps)を搭載。

実用的な性能を持つグレードからハイチューニング版のAMGモデルまで多彩なラインナップが用意されました。

駆動方式はFF4WD4MATICグレード)、サスペンションは前輪にマクファーソン式ストラット、後輪にはマルチリンク式が採用されています。

仕様の違いでは、ベースグレードのほかスポーツサスペンションを搭載してローダウン化した「Sports」、オフロード仕様のサスペンションを搭載した本格SUV仕様の「Off-Load」が存在。

日本市場では2014529日から正式に販売が開始されています。

2017419日にはマイナーチェンジが行われ、ボディ全体にかかる空気抵抗をより抑制するための改良が施されました。

これによりCd値は0.29を記録し燃費性能が向上しています。

デザイン面では、フロントグリルにパンチドグリルが採用され、フロントフォグランプスペースがより強調された形へと変更されました。

機能面では、オートフットトランクオープナーを標準搭載するようになりました。

これは買い物などで両手がふさがった際に、リアバンパーの下側に足を近づけることでセンサーが感知し、手を使わずにトラックリッド/テールゲートを開閉することができる非常に便利な機能でした。

メルセデスベンツ GLAクラスは、SUVシリーズのエントリーモデルとしての役割も兼ね備えた人気の車です。

中古車査定相場に大きな影響を与える最新情報に注意しながら、売却時期を検討していきましょう。

 

査定依頼