ホンダ ビートの買取価格・査定相場

car Image
ホンダ ビート の買取参考相場¥18,500 〜 ¥2,476,689
下取り価格¥17,020 〜 ¥2,377,621
年式1991年 〜 1995年
走行距離0km 〜 170,000km

ビートのグレード別買取参考相場

※買取相場価格は弊社が独自に統計分析した値であり実際の買取価格を保証するものではありません。
* 分析材料となるデータが少ないため車種別またはメーカー別の参考相場を表示しています。

ビートの同系統ボディタイプ別買取参考相場

※買取相場価格は弊社が独自に統計分析した値であり実際の買取価格を保証するものではありません。
* 分析材料となるデータが少ないため車種別またはメーカー別の参考相場を表示しています。

ビートの年式別買取参考相場

※買取相場価格は弊社が独自に統計分析した値であり実際の買取価格を保証するものではありません。
※$ホンダ$ ビート全体での買取相場価格を表示しております。

ホンダ・ビートの高額買取・オークション実績

ホンダ・ビートの買取・オークション実績一覧はこちら

ビートの買取参考相場

chervon-down

2023年7月時点で、ホンダ ビート買取市場評価額は56.4万〜75.0万円となっている。ホンダ ビートは、ユーザーの遊び心をくすぐるのが目的で開発され、1991年の発売以降に個性的なスタイリングと軽快な走りから現在まで多くのファンを魅了してきました。

マニュアル式のソフトトップを採用し、ミッドシップエンジン・リアドライブレイアウト、2シーター、内装では、ゼブラ柄のバケットシートを採用するなど、とても個性のあるお車となっています。

ホンダ ビートのパワートレインには、直列3気筒のE07A型エンジンが搭載され、当時の軽自動車には、馬力の自主規制がありましたが、自然吸気エンジンで唯一その上限の64PSに到達する車でした。

ホンダ ビートの燃費性能では、10・15モードで、17.2㎞/Lとなっております。車体が非常に軽量なため、アイドリングストップシステムやハイブリッドでなくても低燃費を実現させていましたが、他メーカー含めて年々改良されていることから、源だ御車両と比べると見劣りしてしまいます。

ホンダ ビートの中古市場では、かなり価格に落差がある印象です。低走行で外装状態の良いものにはプレミアのような価格はついており、高額取引がされています。逆に、程度があまり良くない車両の場合では、かなり低価格となっているようです。

 

《走行距離別で見ていきましょう》
1万㎞の場合の平均買取価格/平均下取り価格
     46.9万~63.6万円/39.0万~54.4万円
5万㎞の場合
     44.4万~61.1万円/38.7万~54.3万円
10万㎞の場合
     31.3万~46.1万円/27.5万~38.3万円

以上のようにあるように、走行距離別で見てみてもそれぞれのタイミングで価格の下落が一段と大きくなっているのが分かりますよね。

 

《年式別ではどうでしょうか》
1996年モデル(27年落ち)の場合の平均買取価格/平均下取り価格
              38.6万~75.0万円/32.9万~62.3万円
1994年モデル(29年落ち)の場合
              30.5万~62.6万円/27.7万~57.5万円
1991年モデル(32年落ち)の場合
              25.0万~52.7万円/23.0万~47.8万円

以上のように、ホンダ ビートの生産販売は終了しているものの発売から32年経った現在でも高値で取引されているのが分かります。あくまでも、お車の状態が良い場合に限りますので、買取検討されている方は細目な掃除は最重要になってきます。

ビートの買取時の注意点

chervon-down

買取価格状況の把握
事前に、自分の愛車がいくらで取引されているのか調べることが重要です。売却するタイミングを掴む方法でもあるからです。

契約時に、少しでも疑問に感じたことが遠慮なく聞く
聞きづらいからとその場では言えず、あとになってから聞くとトラブルの原因になったりもしますので遠慮せずに営業の方に聞くこと。

また、修復歴や傷は隠さないことも大事です。どちらにしてもあとでトラブルにつながる恐れがありますのでご注意ください。

ビートを高く買い取ってもらうコツ

chervon-down

《高価買取を狙うコツ3つの紹介》


メンテナンスノートを用意する
しっかりとお車を整備されている証明にもなりますので、高評価につながる場合があります。

パーツは純正オプション品を用意しておく
純製品のオプションがあれば積極的にアピールすることをおすすめします。

お車の状態をキレイに保つ
買い手側の立場になってみれば分かると思いますが、汚れていたり、シートの劣化が目立つような状態では良い気分にはなりませんよね。

キレイな状態で使用されていれば査定時にもプラスになることもありますので検討されている方は日頃から心掛けると良いでしょう。

ビートの人気グレード

chervon-down

《ホンダ ビートの4つのグレードと詳細を紹介します》


ベースグレード
ホンダ ビートのベースグレードとしては、1991年に初めてビートが発売されたときのモデルになります。特徴として、コンパクトなボディに開閉式の屋根、スポーツカーらしく後輪駆動のミッドシップエンジンを搭載し、車好きな人が喜ぶ仕様となっております。

創業者でもある本田宗一郎氏が、最後に世に送り出した車としても知っておられる方はいるかと思います。

バージョンF
「バージョンF」としては、1991年5月に発売されたビートですが、翌年1992年2月に特別仕様車として発売されたのが「バージョンF」になります。

基本的な装備に変化はありませんが、特別仕様車専用色としてボディカラーにアズティックグリーンパールが使用されています。こちらは限定800台の発売となり、現在ではとても貴重な車両となっています。

バージョンC
「バージョンC」は、「バージョンF」と同年の1992年4月に発売された2つ目の特別仕様車で、ビートバージョンの「バージョンC」である。こちらは、ホワイトアルミホイールとキャプティパール・ブルーのボディカラーが特徴とされています。

こちらは限定500台のみ発売されました。

バージョンZ
「バージョンZ」では、1993年9月に発売された特別仕様車となっており、ビートバージョンの「バージョンZ」にあたります。従来のビートに加えて、独立3眼のブラックメーターが搭載される他に、マッドガードやリアスポイラー、エキパイフィニッシャーなどが装備されました。

これら4タイプのグレードでは、全体的に見てみても、初代のベースグレードから改良に改良と装備品や特別カラーが配置され、幅広いユーザーに向け発売されました。

ビートの人気カラー

chervon-down

ホンダ ビートのイメージカラーと言えばやっぱり黄色ではないでしょうか。理由としては諸説ありますが、「ナンバープレートを目立たなくする」や「派手さをアピールするポイント」とされています。

輸入車にある、フェラーリやランボルギーニのディアブロ辺りが黄色を出していました。本格スポーツだったものの「軽自動車」というイメージが選考してしまうのを恐れ、あえて目立つ色にして外装に注目を集めたように思えます。

ビート=軽自動車、ではなくビート=黄色というイメージ戦略ではないでしょうか。

ビートの人気オプション

chervon-down

スカイサウンドコンポ
販売当時のスカイサウンドコンポのデザインを踏襲しつつ、現代でもつうようする、ipod、iPhone、USBメモリデバイスに対応

旧スカイサウンドコンポ装着者のスピーカーにも対応しており、iPod接続コード等も同時に発売されております。

スポーツサスペンション
経年劣化などで、そろそろ足回りのリフレッシュを考えるユーザーにおすすめの逸品で、ビート専用設計でセッティングもノーマル車高で街乗りからワインディングまで楽しめるパーツになります。

フロアカーペットマット
20年経過した車両では経年劣化で交換を考えるユーザーもいる中、ビートのロゴマークにレッド・イエロー・ブラックの中から好みの縁取りを選ぶことができる、ビート用フロアマット

エンブレム
車名とMTRECの文字をプレート化したエンブレムになります。車名だけではなく、BEATの売りでもあるMTRECもセットになっているところがユーザーにとっては嬉しい心遣いではないでしょうか。

セルカのオークションは簡単!安心!最高値!

star_img

連絡・査定はセルカのみで
最大7,000社が
あなたの車に値付け!

star_img
連絡・査定はセルカのみで最大7,000社があなたの車に値付け!

セルカにお申込みをいただくと、セルカと提携している全国の車屋さんにあなたの愛車を見てもらえます。
バイヤー登録数は7,000社!
お客様への連絡はセルカからのみなので、しつこい営業電話をいろんな業者から受けたり、何回も査定を受ける手間がありません。

star_img

書類手続きやローンの
清算などもセルカサポートが
すべてフォロー!

star_img
書類手続きやローンの精算などもセルカサポートがすべてフォロー!

お車のご売約後に発生する、書類の提出等の諸手続きもセルカのサポート部隊がすべてフォローいたします。
お引渡しからご入金まで、他の業者さんなどと連絡をとっていただく必要は一切ありません。

star_img

通常の車買取ではかかる
中間業社の手数料が
かかりません!

star_img
通常の車買取ではかかる中間業者の手数料がかからない

一括査定などの買取業者はお車を買い取ったあと、車屋さんに再販します。
このときにかかる費用や買取業者の利益分が予め査定額から 引かれています。
セルカでは間に入る業者を飛ばして、実際に「この車がほしい!」という方に直接車を買ってもらうことができるため、買取業者が得ている利益や手数料をお客様に還元できます。

コラム編集部
監修SellCa車買取コラム編集部中古車査定のエキスパートが車の買取に関するお得な情報をご案内いたします。

ご利用の流れ

  • ステップ1
    無料査定申込み
    無料査定申込み
    フォーム、お電話にてお気軽にお申し込みください。
    お申込み後、担当より査定のお日にちのご連絡を差し上げます。
    しつこい営業電話はありません。
  • ステップ2
    査定
    査定
    ご自宅で査定を受けましょう。
    査定のお時間は約30分程度です。
    ※エリアによってはお伺いできない場合もありますのでご相談ください。
  • ステップ3
    オークションに出品
    オークションに出品
    査定内容をご確認いただき、
    愛車をオークションに出品すると、お客様の愛車をバイヤーが競り合います。バイヤー登録数はなんと7,000社。
  • ステップ4
    売却
    売却
    オークションで最高額を入札したバイヤーへ売却!
    愛車をバイヤーに渡し、セルカから代金をお支払いしてお取引完了です。
    ※売却の際、必要書類をご準備いただきます。

車買取のおすすめコラム

その他のオープン・カブリオレ・コンバーチブル(ホンダ)の買取実績一覧

ホンダの車種別買取参考相場

※買取相場価格は弊社が独自に統計分析した値であり実際の買取価格を保証するものではありません。
* 分析材料となるデータが少ないため車種別またはメーカー別の参考相場を表示しています。

中古車買取メーカー一覧

国内車メーカー一覧
輸入車メーカー一覧

ボディタイプごとの買取価格・査定相場一覧

セルカで高額売却できる理由

star_img
中間業者を大幅スキップ
star_img

セルカ独自の流通フロー

セルカは中古車流通の一般的なフローをスキップし高額売却を実現する革新的サービスです。

star_img

全国7,000社のバイヤー数

star_img
全国7,000社のバイヤー数

バイヤー数の数では日本有数!満足のいく取引が多数行われています。

star_img

安心の査定力

star_img
安心の査定力

セルカでは提携店、認定査定士を数多く有しているので、バイヤーが安心して入札できます。

star_img

買い叩き対面営業なし

star_img
買い叩き対面営業なし

セルカで競るのは値段のみ!営業電話は一切ありません!

star_img

楽ちん手続き

star_img
楽ちん手続き

セルカがお車の書類、代金の支払いなど全ての手続きを代行!安心してお取引き頂けます。