プリウスαの買取実績相場

現在の買取参考相場
¥166,185〜¥1,815,333
下取り価格
¥152,890〜¥1,742,720
年式
2011年〜2019年
走行距離
1万km〜17万km

SellCaオークションでの高額買取実績

プリウスαのグレード別買取参考相場

グレード 買取相場価格
¥196,495〜¥3,004,430
S Lセレクション ¥166,185〜¥1,815,333
Sツーリングセレクション ¥232,103〜¥3,030,086
S チューン ブラック ¥229,242〜¥2,917,286
¥240,245〜¥3,267,629
Gツーリングセレクション ¥184,094〜¥3,543,755
G チューン ブラック ¥290,456〜¥1,677,564
Sツーリングセレクション・G’s ¥696,452〜¥2,759,116
Sツーリングセレクション・GRスポーツ ¥739,809〜¥3,847,450

連絡・査定はセルカのみで
最大6000社があなたの車に値付け!

セルカにお申込みをいただくと、セルカと提携している全国6000社の車屋さんにあなたの愛車を見てもらえます。
お客様への連絡はセルカからのみなので、しつこい営業電話をいろんな業者から受けたり、何回も査定を受ける手間がありません。

書類手続きやローンの精算なども
セルカサポートがすべてフォロー!

お車のご売約後に発生する、書類の提出等の諸手続きもセルカのサポート部隊がすべてフォローいたします。
お引渡しからご入金まで、他の業者さんなどと連絡をとっていただく必要は一切ありません。

通常の車買取ではかかる
中間業者の手数料がかかりません!

一括査定などの買取業者はお車を買い取ったあと、車屋さんに再販します。このときにかかる費用や買取業者の利益分がが予め査定額から引かれています。
セルカでは間に入る業者を飛ばして、実際に「この車がほしい!」という方に直接車を買ってもらうことができるため、買取業者が得ていた利益や手数料をお客様に還元できます。

SellCaでご売却いただいたお客様の声

プリウスα / S Lセレクション
成約日:2018年07月
はじめてオークションで車を売りました! 入札がどれだけくるのか心配でしたが、開始後からドンドンきてワクワクしました。 「自分で売った!」とう感じでとても楽しかったです。 また次も利用しようと思います。
プリウスα / Sツーリングセレクション
成約日:2018年08月
売り切りの金額をいくらに設定したらいいか悩んで切れられなかったのですが、担当の方がとても親身になって相談に乗ってくれたので決めることができました。 何度も電話してすいません。。。 入札が増えるようなスタート金額もアドバイスしてもらい、言われた通りにしたらどんどん入札がきて金額が跳ね上がりました。 丁寧な対応にとても感謝しています。
プリウスα / Sツーリングセレクション
成約日:2018年10月
100万円は超えたかったのですが、ディーラーでも買取店でも90万円代までしかでませんでした。 知人からオークションは高く売れると聞いていたので問合せしてみました。 出品額のアドバイスもいただき、希望の100万円を大きく上回ることができました。
プリウスα / S
成約日:2021年06月
8年乗っていて距離もかなり走っていたので大きな期待はしていなかったのですが、担当の方のお言葉通り買取業者の一番高い見積もり以上で売却する事が出来、驚きです。 担当者も非常に良い方ですし、手続きも簡単、すぐに結果も出るのでお勧めです。
プリウスα / Gツーリングセレクション
成約日:2021年09月
オークション終了間際に入札が白熱し予想を超える落札額となりました。最初は半信半疑でしたが、セルカにお願いしてみて良かったです。ありがとうございます!ありがとうございます!ありがとうございます!ありがとうございます!

トヨタ プリウスαを高く買い取ってもらうコツ

プリウスαの人気グレード

トヨタ プリウスαの人気グレードは「 G’s 」「GRスポーツ」「 Gツーリングセレクション 」の3種類です。
2021年3月末日に生産・販売終了までフルモデルチェンジが行われておらず、販売終了となった現在も型落ちモデルが存在しないことから比較的高額で相場が推移しています。
プリウスαの最上位グレードである Gグレード の中でも、見栄えがスポーティに仕上げられた上記の3種は特に人気が高く、新車価格が高額であったことから今でも高いリセールバリューを誇っています。
ただし走行性能はハイブリッド車であるため特筆して良いわけではなく、あくまでも見た目がいいという理由で高額査定につながっているのです。
ベースとなった プリウス と比較すると燃費性能も良いわけではありません。

プリウスαが高く評価されている背景には、ステーションワゴンタイプのハイブリッド専用車である点です。
販売終了後の現在も、このポジションにあったのはプリウスαだけ。
また、プリウスと異なり5人乗りモデルのほかに7人乗り仕様がラインナップされています。
もともとの新車価格が高額であった点もありますが、プリウスにはない7人乗りの個性は高く評価されており、現在でも一定の評価を獲得しているのです。

逆に通常グレードのSグレードは、中古車市場での人気がやや苦戦気味です。
まったく人気がないわけではないものの、スポーティモデルのGグレードの陰に隠れがち。
今後も評価が高まる見込みはないので、少しでも年式や走行距離が浅いうちに手放すことを検討しましょう。

プリウスαの人気カラー

トヨタ プリウスαの人気カラーは「ホワイトパールクリスタルシャイン」「スーパーホワイトⅡ」「アティチュードブラックマイカ」の3色です。
ベースとなったプリウス同様、環境性能の高さからクリーンなイメージがあるホワイト系に人気が集中しています。
特に「ホワイトパールクリスタルシャイン」の人気はプリウス同様に高く、中古車市場でも評価が高いボディカラーに位置づけられています。
反対にスポーティグレードに良く似合う「アティチュードブラックマイカ」も人気が高く、Gグレードとの相性も抜群です。
「ホワイトパールクリスタルシャイン」よりも攻撃的な印象に変化するため、男性を中心に人気を博していました。

これらのボディカラーは無難なカラーと呼ばれており、乗り手の性別や年齢層を問いにくいことで誰にでも手にしやすくなるメリットがあります。
その影響からかビジネスユースとしても利用される傾向にあり、車両の大きさもあいまって使い勝手の良さが伺えます。
攻めたボディカラーがプリウスαに浸透しきっていないのは、これが理由とも言われています。
反面、傷や汚れは目立ちやすい傾向にあるため、普段からの手入れは必須。
日頃からの手入れが重要になるでしょう。

プリウスαの人気オプション

トヨタ プリウスαの人気オプションは「純正ナビ」「純正ETC」「エアロパーツ」です。
いずれも中古車購入後、ディーラーで後付けはできます。
しかし、中古車購入とは別に費用がかかることから、はじめから装備されている個体が中古車市場では高く評価されています。
また、プリウスαはすでに製造を終了しており、人気のオプションの後付けができるかどうかは不明瞭になってしまいました。
向こう数年はディーラー側も在庫を抱える可能性はあるものの、母数は決して多くはないはずです。
そのため、リセールバリューの高いオプション装備車のほうが高額査定につながりやすくなります。
Gグレードでは、スポーティさに磨きをかける純正エアロパーツが好評。
社外エアロパーツでも加点評価されないことはないものの、取り付けているものや場所・方法によっては返って減点になることも。
純正エアロパーツがついている、あるいは外して保管してある場合は査定時に必ず提示しましょう。

トヨタ プリウスαの特徴

プリウスαの概要

トヨタ プリウスαは2011~2021年の10年間製造販売されていた、ステーションワゴンタイプのハイブリッドシステム専用車です。
名前の由来は、ハイブリッド車の代名詞的存在でもあるプリウスにプラスアルファの価値を加えるという意味で命名されています。
その名前が示すとおり、プリウスにはない装備が数多く搭載されているほか、まったく違った方向性に舵を切っている側面もあるのです。
2021年の販売終了までフルモデルチェンジを一切しておらず、非常に息に長い車としても有名です。
2021年3月末の発表にともなって、トヨタの公式ホームページからも削除。
現在は中古車でしか購入することができません。

5人乗りと7人乗りの2タイプが用意されていましたが、ボディサイズはどちらも同じ。
2017年以降のプリウスαは全長4,665mm×全幅1,775mm×全高1,575mmとなっています。
車両重量は5人乗りと7人乗りでわずか10kgしか差がありません。
これは当時、ハイブリッドシステムのバッテリーにニッケル水素電池を使用していたことが関係しています。
事実5人乗りのプリウスαには、従来のニッケル水素電池が搭載されており、車両重量が装荷してしまうデメリットがありました。
プリウスαの7人乗り仕様車開発にともなって、はじめてリチウムイオン電池が採用され、重量増を10kgでおさえることに成功したのです。
実は自動車のハイブリッドシステムにリチウムイオン電池を採用したのはプリウスαがトヨタ史上初。
この成功を受けて、のちのトヨタ車のハイブリッドシステムにリチウムイオン電池が採用されるようになりました。
なお、ニッケル水素電池は製造終了まで5人乗りのプリウスαで採用されていました。
こちらもトヨタの独自技術で、リチウムイオン電池同等の性能を誇るように改良されています。
バッテリーの搭載先は5人乗り仕様はプリウスと同じく後部座席直下に、7人乗り仕様ではセンターコンソール下に搭載。
リチウムイオン電池によるバッテリーの小型化が功を奏した形です。
これにより7人乗り仕様車の3列目空間を広く確保しており、快適な居住性を獲得しています。
また、バッテリー搭載先の違いで車両の前後重量配分が5人乗り、7人乗りともほぼ同じです。
ちなみに7人乗り仕様は日本国内だけの販売となっていました。

重量増をおさえるために、スペアタイヤの搭載も見送られ、メーカーオプションに設定されています。
その代わりに応急パンクキットが採用されました。
Gグレードのみ衝突被害軽減ブレーキをメーカーオプションで搭載できます。
オプション装備できる「樹脂パノラマルーフ」も、重量増と重心の上昇を懸念して、合成樹脂製を採用。
結果、ガラス製パノラマルーフより40%軽量化されており、ノーマルルーフと比較しても+20kgにとどまっています。
また歩行者安全技術にも力を入れていたのがプリウスαの特徴でもあります。
ハイブリッド車の欠点として、低速時に歩行者に接近しても気が付かれにくいというものがありました。
プリウスαには「車両接近通報装置」が搭載されたことで、発信から車速約25km/hまでのEVモードでの走行時と後退時に歩行者に警報音で接近を伝える機能です。

最新の設備を搭載していたプリウスαですが、現在は製造販売を中止。
中古車市場では、これらの状態が良い個体に高額査定される傾向にあります。

プリウスαの歴史

前史・海外での反応

トヨタ プリウスαは2011年に発売されました。
それ以前は5人乗りのプリウスのみのラインナップでしたが、新規顧客獲得を目標に製造されています。
30系プリウスPHVをベースに開発され、プラットフォームをはじめとし、メイン機能であるハイブリッド機構も流用されています。
大きな変更点としては居住空間の大型化と快適性向上。
プリウスのプラットフォームをそのまま使用し、5人モデルのほか7人乗りモデルもラインナップされました。
ミニバン化したプリウスですが、高い燃費性能はそのままに、唯一無二のステーションワゴンタイプのハイブリッド車として市場に投入されています。

日本での発売開始と同時に海外市場に投入されたプリウスαは、欧米・北米・アジア・アフリカと販路を拡大。
北米市場では「プリウスV」、ヨーロッパでは「プリウスプラス」名前で販売されていました。
同時に日本市場でも投入開始。
製造終了まで、同一モデルを貫いたハイブリッド車が登場しました。

プリウスαの登場

2011年5月にトヨタ全店で販売が開始されたプリウスαは、ベースや機能はプリウスのままミニバン化した車として登場しています。
エンジンやモーターはそのままにしつつ、ホイールベースの延長やフロント・リヤトレッド幅の拡大など、重量が増えた分のカスタマイズが施されました。
ハイブリッドシステムは1.8Lのアトキンソンサイクルエンジンを搭載。
空力性能の向上やボディ軽量化で、10・15モード走行燃費が31.0km/Lを実現しました。
また、先述のとおり、トヨタのハイブリッドシステム搭載車として初めてリチウムイオン電池を採用しています。
これにより重量バランスが5人乗り・7人乗りともにほぼ同じとなったのです。

シルエットはプリウス代表される「トライアングルシルエット」をベースにミニバン化。
車内の開放感を得るために、大型パノラマサンルーフを搭載したのもポイントです。

安全性能においても当時の先進装備を搭載しています。
レーダークルーズコントロールやLEDヘッドレスト設定、S-VSCやSRSエアバッグを採用しました。
また、ヒルスタートアシストコントロールを全車標準搭載し、安全性能に磨きをかけているのです。
結果、プリウスαは発売開始1ヶ月で月間売上目標3,000台に対し、約5万2,000台の受注を獲得。
日本のみならず世界中で認められた1台なのです。

フルモデルチェンジすることなくカローラツーリングへ

2014年にマイナーチェンジを実施。
大きな機能の変更はなく、主にデザイン面での変更にとどまっています。
ただ、安全装備などがまったく手が加わっていないわけではありません。
特に注目したいのは世界初となる1灯の光源でハイビーム・ロービームの切り替えを可能にした「Bi-Beam LEDヘッドライト」を一部グレードに標準搭載しました。

2017年になる少し前、プリウスαにはフルモデルチェンジの噂がありました。
発売開始からすでに6年が経過していたこと、ベースとなったプリウスのフルモデルチェンジされたことが大きな理由です。
一部のファンから期待されていましたが、結局同年に行われたのはマイナーチェンジ。
このマイナーチェンジがプリウスα最後の大幅改変となりました。

大きな変更点として、全車標準搭載された「Toyota Safety Sence P」があります。
2018年に「Toyota Safety Sence」に名称変更されていますが、特に機能は変更されていません。
このころから仕様変更が大々的に公表されることがなくなり、ひそかに改良がおこなわれるようになっていました。
また、北米市場と韓国市場に流通していたプリウスαが2018年4月に販売を終了。
これに続く形で2021年3月末、日本国内でも製造販売が終了しました。
後継車種にはカローラツーリングが充てられたものの、ハイブリッドシステム専用車ではないため、プリウスαの個性はいったん消滅してしまったのです。

トヨタ プリウスα買取相場の傾向

トヨタ プリウスαの買取相場は徐々に下落傾向にあります。
現在は新車購入ができず、中古車市場でしか手にれることができなくなってしまったためです。
幸い、製造終了からまだ1年弱なので、すぐに台数がなくなる可能性はありません。
しかし、今後年式や走行距離がかさんだ個体では今以上に査定額がつかなくなる可能性があるのです。
原因はプリウスαがハイブリッドシステム専用車であることが関係しています。
ハイブリッドシステムは、充電と放電を繰り返すために大容量バッテリーを搭載しており、年式の経過とともにバッテリーの性能は低下していきます。
言い換えればスマートフォンのバッテリーと同じく、充電と使用を繰り返しているうちにバッテリーの持ち時間が短くなる現象。
ハイブリッド車のバッテリーもまったく同じで、充放電を繰り返すことで弱まっています。
つまり、年式が古くなればなるほどバッテリーの性能が低下してしまっており、中古車としての価値が低下してしまう可能性があるのです。
ではバッテリーの載せ替えをすればいいのではないかと思うかもしれませんが、なかなか簡単にはいきません。
自動車に搭載されているリチウムイオンバッテリーは高額で、総載せ替えとなると価格は数百万円に及ぶ可能性もあります。
そのため年式や走行距離が新しい個体、言い換えればバッテリーに負荷があまりかかっていない個体が高額査定につながりやすい傾向にあるのです。

プリウスαは海外でも人気があるため、輸出用個体として高い評価を得ています。
また、販売終了に伴ってプリウスαを再評価する動きも見られ、下落しないわけではないものの買取価格が下落する幅は比較的小さくなっています。
しかし、年式や走行距離がかさんでしまっている個体はなかなか高額査定が期待できません。
そこで活用したいのが中古車買取オークションのセルカです。
セルカでは、1回の査定後に提携する全国6,000店の中古車買取店がオークション形式で買取希望額を入札するシステム。
やり取りはセルカとだけなので、オーナーがわずらわしさを感じることはないでしょう。
過去の実績として、2012年式で走行距離4.1万kmの「Sツーリングセレクション」が、買取相場の2倍近い114.1万円で落札された実績もあります。
このほかにも2015年式で走行距離4.7万kmの「S」が149.1万円になるなど、一般の中古車市場ではあり得ない買取価格を記録しました。
年式がかさんでしまってなかなか高額査定に結び付かないと思っている人は、ぜひ一度中古車買取オークションのセルカまでお問い合わせください。
プリウスαに限らず、他店で買取額が高くなかった車、廃車を進められた車でもまずはご相談をおすすめします。

コラム編集部
SellCa車買取コラム編集部
中古車査定のエキスパートが車の買取に関するお得な情報をご案内いたします。

SellCaオークションのご利用の流れ

  • Step 1
    無料査定申込
    無料査定申込 あなたの愛車情報をご入力ください
    あなたの愛車情報を
    ご入力ください。
  • Step 2
    査定
    査定
    ご自宅で査定を受けましょう。
    査定のお時間は約30分程度です。
    ※エリアによってはお伺いできない場合もありますのでご相談ください。
  • Step 3
    オークションに出品
    オークションに出品
    査定内容をご確認いただき、
    愛車をオークションに
    出品します。
    全国最大6000社のバイヤーがオンライン入札!
  • Step 4
    売却
    売却
    オークションで最高額にご納得いただけたらバイヤーへ売却!愛車をバイヤーに渡し、セルカから代金をお支払いしてお取引完了です。

車買取に関するおすすめコラム

 

トヨタ車種別の買取参考相場

車種 買取価格
86 ¥244,293〜¥7,604,621
bB ¥1,203,500〜¥1,454,785
C-HR ¥710,000〜¥4,902,634
FJクルーザー ¥1,203,500〜¥5,963,253
iQ ¥1,203,500〜¥6,945,919
MIRAI ¥580,554〜¥3,825,696
MR-S ¥1,203,500〜¥5,645,153
MR2 ¥1,203,500〜¥8,884,526
RAV4 ¥126,214〜¥5,380,527
SAI ¥147,318〜¥2,754,959
WiLL VS ¥112,402〜¥804,757
アイシス ¥1,203,500〜¥2,088,495
アクア ¥105,174〜¥2,745,653
アベンシスワゴン ¥165,615〜¥2,164,615
アリオン ¥76,444〜¥2,185,378
アリスト ¥1,203,500〜¥3,917,491
アルテッツァ ¥1,203,500〜¥2,828,036
アルファード ¥1,203,500〜¥15,957,249
イスト ¥1,203,500〜¥1,201,332
ヴァンガード ¥175,614〜¥1,951,915
ウィッシュ ¥3,373〜¥1,966,620
ヴィッツ ¥1,203,500〜¥2,438,568
ヴェルファイア ¥110,680〜¥9,139,330
ヴェルファイアハイブリッド ¥488,622〜¥14,601,387
ヴォクシー ¥1,203,500〜¥4,621,493
エスクァイア ¥532,196〜¥3,766,128
エスティマ ¥23,660〜¥3,625,281
エスティマハイブリッド ¥21,526〜¥6,508,493
オーリス ¥60,943〜¥3,120,167
カムリ ¥65,952〜¥4,713,480
カルディナ ¥63,921〜¥1,515,440
カローラ ¥52,922〜¥2,216,843
カローラアクシオ ¥1,203,500〜¥2,528,381
カローラフィールダー ¥30,238〜¥2,276,627
カローラルミオン ¥1,203,500〜¥1,934,097
カローラレビン ¥1,203,500〜¥6,248,396
クラウン ¥1,203,500〜¥7,183,761
シエンタ ¥1,203,500〜¥3,601,419
スープラ ¥1,203,500〜¥15,465,812
スプリンター ¥284,823〜¥1,180,691
スペイド ¥74,929〜¥2,078,311
セリカ ¥1,203,500〜¥5,850,654
セルシオ ¥1,203,500〜¥2,802,703
センチュリー ¥1,203,500〜¥22,842,213
ソアラ ¥1,203,500〜¥6,620,441
ダイナトラック ¥143,844〜¥4,848,958
タウンエースバン ¥1,203,500〜¥5,290,069
タンク ¥202,436〜¥2,219,516
ノア ¥1,203,500〜¥3,998,052
ハイエースワゴン ¥1,203,500〜¥7,018,064
ハイラックス ¥197,350〜¥6,456,635
ハイラックスサーフ ¥51,492〜¥3,563,066
パッソ ¥1,203,500〜¥2,044,373
ハリアー ¥1,203,500〜¥4,294,915
ハリアーハイブリッド ¥314,523〜¥4,619,798
ピクシスジョイ ¥344,724〜¥1,493,126
ピクシストラック ¥679〜¥1,744,867
ピクシスバン ¥1,203,500〜¥2,234,122
ピクシスメガ ¥234,409〜¥2,370,720
プリウス ¥1,203,500〜¥5,168,868
プリウスPHV ¥220,226〜¥4,353,846
プリウスα ¥166,185〜¥3,847,450
ブレイド ¥14,116〜¥1,431,151
プレミオ ¥1,203,500〜¥2,984,267
ポルテ ¥1,203,500〜¥1,687,913
マークII ¥1,203,500〜¥5,044,214
マークX ¥1,203,500〜¥7,301,808
マークXジオ ¥1,203,500〜¥1,209,222
ライトエースバン ¥1,203,500〜¥3,008,270
ラウム ¥1,203,500〜¥623,565
ラッシュ ¥103,208〜¥1,855,589
ランドクルーザー ¥1,203,500〜¥12,093,582
ランドクルーザー100 ¥1,203,500〜¥7,191,526
ランドクルーザー60 ¥1,203,500〜¥8,387,116
ランドクルーザー80 ¥217,014〜¥7,587,570
ランドクルーザープラド ¥1,203,500〜¥9,175,547
ルーミー ¥281,287〜¥2,568,520
レジアスエースバン ¥1,203,500〜¥5,004,892

プリウスαと同じボディタイプ別の買取参考相場

車種 買取価格
NV200バネットバン ¥1,203,500〜¥2,494,697
Rクラス ¥264,202〜¥1,579,939
アイシス ¥1,203,500〜¥2,088,495
アルファード ¥1,203,500〜¥15,957,249
ウィッシュ ¥3,373〜¥1,966,620
ヴェルファイア ¥110,680〜¥9,139,330
ヴェルファイアハイブリッド ¥488,622〜¥14,601,387
ヴォクシー ¥1,203,500〜¥4,621,493
エスクァイア ¥532,196〜¥3,766,128
エスティマ ¥23,660〜¥3,625,281
エスティマハイブリッド ¥21,526〜¥6,508,493
エルグランド ¥1,203,500〜¥6,391,515
ゴルフプラス ¥135,200〜¥340,560
シエンタ ¥1,203,500〜¥3,601,419
シボレーアストロ ¥150,407〜¥2,034,105
シャラン ¥228,170〜¥4,780,940
スペイド ¥74,929〜¥2,078,311
セレナ ¥1,203,500〜¥5,872,445
タウンエースバン ¥1,203,500〜¥5,290,069
タンク ¥202,436〜¥2,219,516
デリカD:5 ¥1,203,500〜¥5,488,522
ノア ¥1,203,500〜¥3,998,052
ビアノ ¥237,216〜¥1,193,393
ビアンテ ¥4,018〜¥2,251,117
フリード ¥7,069〜¥3,143,073
プリウスα ¥166,185〜¥3,847,450
プレサージュ ¥17,562〜¥949,073
ポルテ ¥1,203,500〜¥1,687,913
ボンゴバン ¥55,938〜¥2,309,707
ボンゴフレンディ ¥88,384〜¥1,622,755
ライトエースバン ¥1,203,500〜¥3,008,270
ラウム ¥1,203,500〜¥623,565
ラフェスタ ¥1,203,500〜¥1,416,142
ルネッサ ¥123,201〜¥421,959
レジアスエースバン ¥1,203,500〜¥5,004,892