【一番高く売れる】フォルクスワーゲン ニュービートルカブリオレの買取・査定相場、リセールバリューや高額売却のコツ

フォルクスワーゲン ニュービートルカブリオレは、 2003 6 月から日本導入されたコンパクトなカブリオレ(オープンカー)です。

ビートル(タイプ I )の後継車「ニュービートル」のオープンカー仕様で、ベースモデルで課題となっていた車内の閉塞感や視界の悪さを解消できる開放感溢れるカブリオレとなっています。

ソフトトップは大きなアーチを描くドーム型となっており、クローズド状態にしても比較的広々とした後部空間が確保されていました。

キュートでおしゃれなデザインで女性オーナーを中心に長く愛されましたが 2010 年をもって生産終了となり、「ザ・ビートル」シリーズへと系譜を紡いでいます。

今回は、そんなフォルクスワーゲン ニュービートルカブリオレの中古車買取相場と高く買取してもらうコツについてご紹介します。

ニュービートルカブリオレの買取情報

ニュービートルカブリオレの人気のグレード、色、オプションなど

グレード:LZ、ヴィンテージ、ダークフリント

フォルクスワーゲン ニュービートルカブリオレの新車市場では、レザーシートやスライディングルーフが搭載された上級グレード「 LZ 」や最上級仕様の「ヴィンテージ」が人気でした。

フォルクスワーゲン ニュービートルカブリオレの中古車市場でも同様に「 LZ 」や「ヴィンテージ」、特別仕様車だった「ダークフリント」が人気となっています。

オプション:ナビ、ETC、ウィンドディフレクター

フォルクスワーゲン ニュービートルカブリオレのオプションでは、ナビや ETC のほか外気の吹き込みや風切り音を抑えるウィンドディフレクターが人気です。

このほか、禁煙車やワンオーナー車であった場合にも若干、買取価格が高くなる傾向となっています。

  関連記事: 車の査定でプラスになりやすいオプションは?

色:ハーベストムーンベージュ(ベージュLB1M) 、ディープブラックパールエフェクト(黒:2T)、キャンディホワイト(白:B4)

フォルクスワーゲン ニュービートルカブリオレのカラーでは、優しくやわらかな印象の明るいベージュカラーが人気です。

次いで、綺麗で上品な色合いのキャンディホワイト、クールでエレガントなダークブラック、色褪せやキズ・汚れなどが目立ちにくいシルバーが人気です。

これらのカラーである場合、他色と比較して買取査定額が 5% 程度上乗せされることが多くなっています。

関連記事: 車の色の秘密

あなたのフォルクスワーゲン・ニュービートルカブリオレ はいかがですか?

お車の走行距離や状況によっても価格が大きく異なりますのでまずは査定してもらいましょう!

  関連記事: 車の査定で見られるポイント

関連記事: キズは査定前に直した方がいいの?

では、ここでフォルクスワーゲン・ニュービートルを高く売るためにフォルクスワーゲン・ニュービートルのことをもうちょっと知っておきましょう。

関連記事: 輸入車高額売却のポイント

フォルクスワーゲン・ニュービートルカブリオレの概要

フォルクスワーゲン ニュービートルカブリオレは、 1998 年に登場したニュービートルのオープンカー仕様版として登場しました。

エクステリアは、 1938 年に当時のドイツ首相ヒトラーとポルシェ社の創業者となるポルシェ氏によって開発された「フォルクスワーゲン タイプ I 」をモチーフにした独特な風貌が特徴的です。※ちなみに、フォルクスワーゲンはドイツ語で「国民車」を意味しています。

その風貌は丸みを帯びたフロント部分、楕円形の離れ目型ヘッドランプ、盛り上がったボンネット、同じく分厚いバンパー、フェンダーを持つ円弧型のフォルムなどビートル独特のルックスが時を超えて継承されています。

空気抵抗性能、車内空間の利便性、運転席からの視界、走行安定性などを犠牲にしてもなお守られ続けてきたデザインは骨董品のような歴史的価値を感じさせます。

ちなみに、初代ビートルは車体後部にエンジンを搭載し、後輪が駆動する RR 仕様でした。

車体後部に動力源が集中しており、エンジン性能が増している現代ではコストをかけて対策をしないと急加速時に車体前方がリフトアップする危険性がありました。

そのためニュービートルは FF (エンジンを前方に配置、前輪で車体を引っ張る駆動方式)仕様で製造されることとなりました。

ところが、スペースを取るエンジンを車体前方に持ってくると、ビートル独特のルックスを維持することが難しくなります。

そこでインテリアのスペースを犠牲にすることでデザインを死守。

その結果、エンジンスペースが車内に食い込み、インストゥルメンタルパネル類やダッシュボードが車内前方の空間を大きく占有しています。

必然的に座席はやや後部へ追いやられ、居住性よりも円弧型のルックスを死守するほうが重視されたリア部分は頭上や足元のスペースが削られていました。

それでも、ニュービートルカブリオレはルーフを開けてしまえばその問題は解消できます。

ニュービートルで課題だった後方の視認性についても同じく解消することができます。

安全装備も充実しており、デュアル&サイドエアバッグを搭載。

万が一の横転時にもドライバーらを守ってくれる先進のセーフティロールオーバーバーシステムが組み込まれています。

エンジンは、直列型 4 気筒 2.0L( 最高出力 116ps) を搭載。

ゆったりとオープンカー走行を楽しめる大人しい性能が特徴的です。

燃費性能は、空力性能を犠牲にした昔ながらのフォルムもあってカタログ値で 10.6km/L ほどと特段良くはありません。

あくまで、おしゃれでキュートなルックスで贅沢にのんびりとドライビングを楽しむモデルとなっています。

足回りには、前輪がマクファーソンストラット式、後輪にはトーションビーム付きトレーリングアーム式を搭載。

乗り心地やハンドリング性能は、フォルクスワーゲン ゴルフベースの軽快な走りを受け継いでいます。

重たくなった車体は、よりよい乗り心地につながっており、クッション性に優れるシートと相まってドライバビリティは良好でした。

販売面では個性的な女性ユーザーや子育てが一段落したシニア世代の新たなパートナーとして長く愛されたモデルとなりました。

惜しまれつつも 2010 3 月に年内で生産終了することが発表され絶版となりました。

フォルクスワーゲン・ニュービートルカブリオレの歴史

フォルクスワーゲン ニュービートルカブリオレは、 1994 年に開催されたジュネーブオートモーターショーにてコンセプトモデルが発表されました。

初代フォルクスワーゲン ニュービートルカブリオレは、日本には 2003 6 月から導入販売されるようになっています。

エクステリアは、全長 × 全幅 × 全高で、 4090mm 1730mm 1500mm 、ホイールベースは 2515mm で車重は 1390kg ほどでした。 (2003 年発売モデル「 2.0L 」グレード )

エンジンは、直列型 4 気筒 2.0L( 最高出力 116ps) を搭載。

駆動方式は FF のみで、サスペンションは前輪がマクファーソンストラット式、後輪にはトーションビーム付きトレーリングアーム式が組み込まれています。

ドーム型形状を採用したソフトトップは、ニュービートルよりも広大なリアスペースをもたらす優れた設計が採用されていました。

特別仕様車では 2005 4 月に「ダークフリント」が販売されました。

上質なダークフリントメタリックにガーネットレッドカラーのソフトトップを組み合わせ、インテリアはボルドーレッドのレザーシートやドアトリムで彩られていました。

これは限定モデルとなっていましたがモデル末期の 2008 3 月以後には、同じような仕様の「ヴィンテージ」グレードが一般販売されるようになっています。

グレード構成では、もっとも廉価な「ベースグレード」、レザーシートやスライディングルーフを搭載した「 LZ 」、モデル末期には上述の「ヴィンテージ」グレードが追加されました。

その後、後継モデルとなる「ザ・ビートル」シリーズが登場しておりニュービートルシリーズは型落ちモデルとなりました。

お車の売却を検討されているかたは、その価値が減少してしまう前にお早めに一度ご相談されるとよいでしょう。

コラム編集部
SellCa車買取コラム編集部
中古車査定のエキスパートが車の買取に関するお得な情報をご案内いたします。

SellCaオークションのご利用の流れ

 

  • Step 1

    無料査定申込

    無料査定申込 あなたの愛車情報をご入力ください

    あなたの愛車情報を
    ご入力ください。

  • Step 2

    査定

    査定

    ご自宅で査定を受けましょう。
    査定のお時間は約30分程度です。
    ※エリアによってはお伺いできない場合もありますのでご相談ください。

  • Step 3

    オークションに出品

    オークションに出品

    査定内容をご確認いただき、
    愛車をオークションに
    出品します。
    全国最大6000社のバイヤーがオンライン入札!

  • Step 4

    売却

    売却

    オークションで最高額にご納得いただけたらバイヤーへ売却!愛車をバイヤーに渡し、セルカから代金をお支払いしてお取引完了です。

 

 

 

 

フォルクスワーゲン車種別の買取実績相場

 

車種 買取価格
アップ! 6.4万円〜205.1万円
イオス 32.7万円〜32.7万円
ゴルフヴァリアント 6.8万円〜85.5万円
ゴルフトゥーラン 41.8万円〜221.8万円
ザ・ビートル 61.5万円〜236.2万円
ジェッタ 10.1万円〜10.1万円
シャラン 26.3万円〜291.2万円
ティグアン 8.8万円〜418.2万円
トゥアレグ 225.3万円〜225.3万円
ニュービートル 5.3万円〜24.6万円
パサート 56.4万円〜56.4万円
パサートヴァリアント 45万円〜332.8万円
ポロ 8.1万円〜142万円
ルポ 34.3万円〜34.3万円

 

 

 

 

ニュービートルカブリオレと同じボディタイプ別の買取実績相場

 

車種 買取価格
日産 180SX 51.7万円〜74.3万円
BMW 1シリーズ 78.6万円〜98.7万円
BMW 2シリーズ 141.8万円〜257.6万円
ポルシェ 356 344.3万円〜344.3万円
BMW 4シリーズ 229.9万円〜273.9万円
ポルシェ 718ケイマン 652.1万円〜667.2万円
トヨタ 86 78.6万円〜292.9万円
ポルシェ 911 186万円〜1451.6万円
アウディ A5スポーツバック 173万円〜210万円
スバル BRZ 164.7万円〜287.4万円
メルセデス・ベンツ CLAクラス 148.4万円〜148.4万円
メルセデス・ベンツ Cクラス 58.2万円〜462.5万円
メルセデス・ベンツ Eクラス 69.8万円〜471.7万円
日産 GT-R 550.3万円〜1267万円
レクサス LC 801万円〜1009.3万円
BMW M2 338.9万円〜506.7万円
BMW M3 190.6万円〜388.7万円
BMW M4 510.2万円〜768.1万円
BMW M6 98.5万円〜243.3万円
MINI MINI 164.6万円〜164.6万円
レクサス RC 282.3万円〜286.2万円
プジョー RCZ 102万円〜226.8万円
アウディ S5 168.9万円〜168.9万円
メルセデス・ベンツ SLK 35.3万円〜35.3万円
アウディ TTクーペ 9.8万円〜314.2万円
BMW Z4 51万円〜215.3万円
マツダ アンフィニRX-7 221.6万円〜221.6万円
スバル インプレッサ 63.3万円〜63.3万円
トヨタ カローラ 67.9万円〜67.9万円
トヨタ カローラレビン 159.5万円〜222万円
キャデラック キャデラックCTSクーペ 156.8万円〜156.8万円
ポルシェ ケイマン 219.8万円〜502.1万円
フォルクスワーゲン ザ・ビートル 75.3万円〜177.5万円
シボレー シボレーカマロ 62.6万円〜474.2万円
シボレー シボレーコルベット 154.6万円〜808.6万円
日産 シルビア 47万円〜441.8万円
トヨタ スープラ 63.1万円〜520.6万円
日産 スカイライン 42万円〜685.4万円
トヨタ セリカ 10.3万円〜99.1万円
トヨタ ソアラ 50.8万円〜106.9万円
フォルクスワーゲン ニュービートル 8.6万円〜8.6万円
ポルシェ パナメーラ 601.1万円〜601.1万円
日産 フェアレディZ 9.3万円〜429.6万円
トヨタ プリウス 43.9万円〜43.9万円
ポルシェ ボクスター 209.1万円〜209.1万円
フォルクスワーゲン ポロ 10.7万円〜32万円
日産 レパード 81.4万円〜81.4万円

 

 

 

 

人気車種の買取実績相場