【一番高く売れる】ホンダ シャトルの買取・査定相場、リセールバリューや高額売却のコツ

 

シャトルの買取実績相場

 

現在の買取参考相場
¥1,285,200〜¥1,466,200
3年落ち以下
¥1,329,600〜¥1,466,200
5年落ち以下
¥1,285,200〜¥1,351,200

 

 

シャトルのグレード別買取実績相場

 

グレード買取価格
1位G ホンダセンシング¥1,466,200〜¥1,466,200
2位ハイブリッドZ¥1,351,200〜¥1,351,200
3位ハイブリッドX ホンダセンシング¥1,329,600〜¥1,329,600
4位ハイブリッドX¥1,285,200〜¥1,285,200

 

 

 

 

ホンダ・シャトルはホンダの小型ステーションワゴンで、2015年から販売されています。

シャトルはホンダの代名詞ともいえる、コンパクトハッチバックのフィットの派生車種ですので、コンパクトなボディで扱いやすいサイズですが、室内は広くユーティリティ性能に優れています。
また中古車としても比較的人気があり、たくさんのモデル出回っています。

今回はそんなシャトルの人気のグレードや色、オプションなどについてご紹介します。

 

シャトルの買取情報

 

 

シャトルのグレード、色、オプションなど

 

グレード:ハイブリッド X・Z
 

シャトルには1.5Lガソリンエンジンと1.5Lハイブリッドエンジンが設定されていますが、圧倒的に人気があるのはやはりハイブリッドです。
その中でも装備が比較的充実している最上級グレードのZと中間のXに人気が集中しています。

外観上の大きな違いはZには16インチアルミホイールが標準装備されているのに対して、Xは15インチホイールキャップが装着されている点です。

そのほかにZにはルーフレールや革巻きステアリングホールが標準装備されているという違いがあります。

一方、ガソリンモデルはハイブリッドに比べると低価格ですが、中古車ではあまり人気がなく下取り査定額はあまりよくなくおススメできません。

 

オプション:8インチプレミアムインターナビ
 
 

シャトルにはメーカーオプションがあまり設定されていませんが、ホンダの純正ナビのインターナビは確実に査定アップにつながります。
画面も大きく、インテリアデザインにもマッチしていますし、価格も約21万円とお手頃ですのでおすすめだと思います。

  関連記事:車の査定でプラスになりやすいオプションは?

 

色:プラチナホワイトパール、クリスタルブラックパール
 

シャトルの人気のボディカラーは定番のホワイトやブラックです。そのほかにはレッドやパープル系のカラーの中古車も出回っていますが、販売価格はホワイトブラックに比べると若干人気が落ちるのか少し割安に設定されています。
カラーで迷っている人は査定額が有利なホワイトやブラックが無難な選択だと思います。

  関連記事:車の色の秘密

 

あなたのシャトルはいかがですか?

お車の走行距離や状況によっても価格が大きく異なりますのでまずは査定してもらいましょう!

  関連記事:車の査定で見られるポイント

  関連記事:キズは査定前に直した方がいいの?

 

 

では、ここでシャトルを高く売るためにシャトルのことをもうちょっと知っておきましょう。

 

シャトルの概要

 

シャトルはホンダのコンパクトハッチバックであるフィットのプラットフォームを流用した、派生車種として販売されています。
ボディサイズは全長×全幅×全高が4440mm×1695×1545となっており、全長はフィットより約40cm長くなっています。

エンジンは1.5Lのガソリンエンジンと1.5Lのハイブリッドの2種類で、それぞれに前輪駆動と4WDが用意されています。
燃費はガソリンエンジンの前輪駆動で19.4km/L、ハイブリッドで25.2km/Lとなっており、このクラスのモデルとしては低燃費です。

フィットはコンパクトハッチバックで4人がゆったり乗ることが出来るスペースが確保されていますが、荷物をたくさん載せることは出来ません。
その点、シャトルはトランクスペースが広いため旅行などに出かけるときには重宝します。
5ナンバーサイズで車高もあまり高くなく、コンパクトなボディですので取り回し性も高く女性でも扱いやすいので手軽に乗れるという特徴があります。

またシャトルはエクステリアデザインがフィットとは異なりますので、高級感がありフィットとは全く別の車に見える点もポイントです。
荷物をたくさん積む機会が多い人にとってフィットは手狭ですので、シャトルはオススメのモデルだと言えます。

 

シャトルの歴史

 

ホンダ・シャトルの歴史は2005年まで遡ります。初代フィットのプラットフォームを流用して、エアウェイブというモデルがデビューしました。
エアウェイブはフィットの全長を少し長くして、荷物をたくさん積めるようにしたのがポイントです。
さらにルーフをガラス張りにしたスカイルーフもオプション設定され話題になりました。
価格も200万円以下で比較的割安なのが特徴でした。
しかし、人気はイマイチで2010年にモデルチェンジすることなく生産中止となりました。

続いて2011年に登場したのがフィット・シャトルというモデルでこちらは2代目フィットの、プラットフォームを流用していました。
フィット・シャトルのエクステリアデザインはフィットに似ておりフィットの派生車種であるとすぐに認識できました。
このフィット・シャトルはガソリンエンジンのほかハイブリッドもラインナップされており、こちらはエアウェイブに比べると比較的人気がありました。
このフィット・シャトルは2015年まで販売されました。

そして2015年に2代目の後継車種としてデビューしたのが現行型シャトルで、このモデルは「フィット」というという名前は付いていないのが特徴です。
プラットフォームは3代目フィットを流用していますが、ボディパネルは専用の物が採用され、フィットと差別化が図られています。
このため一見するとフィットの派生車種であると分かりません。
シャトルは室内のデザインもフィットとは若干異なっており高級感がありますが、価格も大幅に上昇し、ハイブリッドの最上級グレードだと270万円を超えます。

このようにシャトルはモデルチェンジを行う度に名前が変更されていますが、フィットのプラットフォームを流用している点などコンセプトは同じであると言えます。

 

 

 

SellCa車買取コラム編集部
中古車査定のエキスパートが車の買取に関するお得な情報をご案内いたします。

 

SellCaオークションのご利用の流れ

 

  • Step1

    無料査定申込

    無料査定申込 あなたの愛車情報をご入力ください

    あなたの愛車情報を
    ご入力ください。

  • Step2

    査定

    査定 お近くのセルカ提携店にて 査定を受けましょう。査定のお時間は約30分です

    ご指摘の場所への出張査定か
    セルカ提携店にて
    査定を受けましょう。
    査定のお時間は約30分です。

  • Step3

    オークションに出品

    オークションに出品

    査定内容をご確認いただき、
    愛車をオークションに
    出品します。
    全国最大6000社のバイヤーがオンライン入札!

  • Step4

    売却

    売却

    オークションで最高額にご納得いただけたらバイヤーへ売却!愛車をバイヤーに渡し、セルカから代金をお支払いしてお取引完了です。