トヨタ・ハイエースワゴンは1967年に登場したキャブオーバー型の商用車および乗用車で日本を代表するワンボックスカーです。

最大10人が乗車できる広い車内に加えて、何万km走っても耐えうる高い耐久性を持ち、あらゆる用途に使えるユースフルな車として非常に高い人気を誇ります。

キャブオーバー型の利点として、搭乗席の下部にエンジンが置かれフロントボンネット部分が短く非常に良好な視界と運転のしやすさが味わえる点があげられます。

今回はそんなトヨタ ハイエースワゴンの査定相場や高額売却のためにできることをご紹介します!

トヨタ・ハイエースワゴンの中古車買取情報】

 

トヨタ・ハイエースワゴンは中古車市場でも人気があり高値がついている車種です。

中古車買取オークションのセルカでも脅威の高額買取額でトヨタ・ハイエースワゴンを売却されている方がたくさんいらっしゃいます。

         セルカの高額買取実績はこちら

 

 

トヨタ・ハイエースワゴンの人気のグレード、色、オプションなど

 

グレード  

グランドキャビン / GL

 

トヨタ ハイエースワゴンには、基本的に3つのグレードがあります。

特別大きい車体が特徴のグランドキャビン、DXと車体サイズは同じながらファミリーユースでおしゃれなGL、ビジネス向けのDXというラインナップとなっています。

トヨタ ハイエースワゴンは新車時には車体サイズの大きいグランドキャビンが人気です。

他グレードと比較して最大乗車人数は10人と同じなのですが、最大の違いが荷物を積むスペースの広さ。

グランドキャビンは、他グレードよりも車体が大きく積載性能に優れています。

GLグレードでも、最後部座席を起こすことで積載スペースを作り出せるものの最大乗車人数が減ってしまいます。

またグランドキャビンでは、ハイルーフ形状を採用しているため車内もより広々と感じます。

人も荷物も両方運ぶ可能性に備えられる万能性がビジネス層に長年受けています。

他方、ファミリーユースとしては大きすぎるため小規模事業者や自家用としてはGLグレードが人気です。

DXグレードと比較して標準搭載されている機能が多く、見た目もフロントグリルがメッキなどシルバー塗装のDXと比べておしゃれです。

駆動方式では、雪道や坂道での移動に安全な4WD車のほうが高価査定につながりやすくなっています。

 中古車市場においても同じくGL、グランドキャビンが人気となっています。

 

オプション 

ナビ、盗難防止システム、スマートエントリーシステム

 
 

ハイエースワゴンは幅広い年齢層、ターゲットに人気があるため、ナビやスマートエントリーシステムなどの装備がついている車も査定額がプラスになりやすいです。

2012年5月以降に生産されたモデルには、盗難防止システム(イモビライザーシステム&オートアラーム)が標準搭載されており、特に人気が集まっています。

 

色 

ホワイトパールクリスタルシャイン(白:070)、ブラックマイカ(黒:209)

 

ハイエースワゴンも定番の白、黒が人気です。

ホワイトパールクリスタルシャインは、グランドキャビンとGLグレード限定、ブラックマイカはGLグレード限定色であり人気の高いカラーとなっています。

 

ハイエースは、もともと商用車として50年以上の歴史を誇る人気ブランドです。

非常に耐久性も高くメンテナンスがしっかりしていれば10万km走行しても問題なく走ります。

ゆえに走行距離が多い車でも状態が良ければ50万円以上の査定価格が提示される可能性もありえます。

高年式で走行距離1万km以下の状態の良い車なら、 ほぼ新車並みの査定事例も。

トヨタブランドは世界でも有名でリセール力が高く、トヨタ ハイエースワゴンは他車よりも高いリセールバリューが期待できる車種といえるでしょう。

内外装は綺麗に清掃して、定期点検整備記録簿など車に異常がないことを証明できる書類を合わせて添付し高額査定を勝ち取りましょう。

 

あなたのトヨタ・ハイエースワゴンはいかがですか?

お車の走行距離や状況によっても価格が大きく異なりますのでまずは査定してもらいましょう!

 

査定依頼

 

では、ここでトヨタ・ハイエースワゴンを高く売るためにトヨタ・ハイエースワゴンのことをもうちょっと知っておきましょう。

 

トヨタ・ハイエースワゴンの概要】

 

トヨタ ハイエースワゴンは1967年に登場した日本を代表する商用ワンボックスカーです。

商用車として長年愛され続ける背景に、ユーザーニーズの素早い察知と実装があります。

トップシェアを獲得してきた長い経験のなかで培われた強固な耐久性と優れた機能性には特に定評があります。

基本的なグレード構成を「グランドキャビン」「GL」「DX」とし、商用車としてだけでなくファミリーユースとしても使える車です。

最大10人まで乗せることができ、大型タクシーとしての利用のほか各種運送業や機材の移動にも使われています。

エンジンは、実用十分なスペックを誇り、十分な積載量を積んでも軽やかに走ります。

駆動方式では2WD・4WD両方が用意され、4輪駆動タイプが人気です。

耐久性が高く10万km以上走ってもまだまだ乗れる車と言われており、実際に海外では20万km、30万kmを走行した車が悠々と駆け続けています。

その圧倒的な人気ぶりから盗難の被害に合いやすかったウィークポイントも盗難防止システムが標準搭載されるようになってから大きく改善されました。

中古車市場の動向としては、商用・家庭用ともに使える便利な車のため常に引き合いが強く、10万km以上を平気で走る耐久性の高さからリセールバリューも高めとなっています。

カスタムされたビジネスユースの特装車は一般大衆車のように数多く出回るわけではないため特に人気が高騰しやすいでしょう。

トヨタ・ハイエースワゴンの歴史

 

ハイエースワゴンは1967年に登場したハイエースH10系を起源に現在まで商用車の代表格として長らく活躍している車です。

初代H10系は1977年まで生産され、当初1.3Lだったエンジンは徐々に拡大されてパワーアップしていきました。

続く2代目では、標準/ロングの2つのバリエーションで販売され1.9Lのエンジンを搭載。

排出ガス規制対策も施され、原油危機の時代も乗り切ります。

3代目は1982年~1989年にかけて販売されました。

一般家庭向けや高級化が推し進められ購買層が徐々に拡大。

4代目H100系では、ファミリーユースに「スーパーカスタム」グレードが人気となりました。

ガソリンエンジンは2Lを超え、時代が求めるパワーと同時に排出ガス規制もクリアしていきます。

5代目H200系は2004年8月に販売が開始されました。

3年後の2007年8月にはマイナーチェンジが行われ、GLグレードが登場します。

それからさらに3年後の2010年7月にもマイナーチェンジを断行。

ボディカラーの追加やデザインの変更が行われました。

2012年5月以降のモデルでは、長らく問題となっていた盗難に対して防犯システムが標準搭載されるようになります。

2013年11月にもマイナーチェンジが行われています。

同じくデザインの変更やスマートキーがオプションで用意されるようになりました。

2014年年末には、ガソリンエンジンを改良。

2016年6月には、坂道発進時の後退抑制システムや走行時の横滑り防止装置など各種の安全性能が追加。

2020年にかけては16年ぶりのフルモデルチェンジが噂されており、今後の査定価格にも大きく影響を及ぼす可能性があります。

査定依頼