今回はトヨタから販売されているコンパクトSUVのCH-Rについて紹介します。

現在、車の買い取りで一番高値で取引されているのがSUVです。
その理由として国内だけでなく海外でも人気があるところや、世界的に需要がある為、値下がりしにくいところが挙げられます。

トヨタの数あるSUVの中でも、CH-Rは街乗りに特化しており非常に人気のある車種です。
今回は、そんなCH-Rのどのグレードが人気があるか、どういった車なのかなどなど細かい情報を紹介します。

 

CH-Rの買取情報

 

SellCaオークションでの高額売却実績

 


 

CH-Rのグレード、色、オプションなど

 

グレード:Gグレードのガソリン車
 

まず、グレードについて、通常グレードの「S」そして上位グレードの「G」の2種類があります。
そのなかでも高値で取引されるのが上位グレードの「G」です。Gグレードの方がホイールやエクステリア、シートなどが良いスペックとなっていて、型落ちしても人気が出るからです。

また、ガソリン車とハイブリット車での価格差があります。ハイブリット車は乗り続けると性能がどんどん落ちていき維持費がかかります。
その反面ガソリン車の方が性能落ちが少ないです。
なので、中古車として好かれるのがガソリン車となっています。つまり、買い取りを考えた場合『Gグレードのガソリン車』が最も好まれます。

 

オプション:バックカメラ
 

付けておくべきはバックカメラです。オプション価格でSとGグレードで価格が変わるのですが、社外品を車に取り付ける場合車に穴をあけなければならなくなります。

その為、バックカメラが付いていない車は安く査定されるケースもあります。
また寒冷地仕様にサブマフラーを付けておくと燃費向上に役立つそうなので、つけると査定額がぐっとあがる可能性があります。

  関連記事:車の査定でプラスになりやすいオプションは?

 

 

色:ホワイトパールクリスタルシャイン、ブラックマイカ
 

カラーとして一番人気なのが、ホワイトパールクリスタルシャインつづいて、ブラックマイカです。
ぱっと見て、白、そして黒の2色が人気があり買い取りの際にも高くなりがちです。

他にも、メタルスリトームメタリックという銀色のカラーも人気があります。逆にイエローやセンシュアルレッドマイカなどの派手なカラーは人気がありません。
個性的なカラーは買い取りには向いていないというところ押さえておいて下さい。

  関連記事:車の色の秘密

 

あなたのCH-Rはいかがですか?
お車の走行距離や状況によっても価格が大きく異なりますのでまずは査定してもらいましょう!

  関連記事:車の査定で見られるポイント

  関連記事:キズは査定前に直した方がいいの?

 

 

 

では、ここでCH-Rを高く売るためにCH-Rのことをもうちょっと知っておきましょう。

  関連記事:SUV高額売却のポイント

 

CH-Rの概要

 

トヨタ製のCH-Rはトヨタの次世代を担うクロスオーバーSUVです。
同じタイプのコンパクトSUVと比べて、運動性能にこだわった車種でもあります。

またデザインにもこだわっておりアウトドアで乗るタイプのSUVではなく街乗りも視野にいれたSUVとして販売が進められています。

当時、CH-Rを開発担当していた方が、かなりのF-1好きであり、そこの知識も加えられていてかなり運転しやすい、そして機能的なスペックになりました。

スタイリングについては、従来のトヨタのデザインとは違ったベクトルの製品になっており、かなりチャレンジングな車だと言われています。

ただ、蓋を開けてみると販売数がかなり伸び、SUVとして販売台数1位を獲得、欧州でも人気が出るほどワールドワードに販売が進んでいます。
プラットフォームについて、2015年に販売されているプリウスを元にされており、サスペンションは新開発であるマクファーソンスラット式、リアは、ダブルウィっシュボーンを採用、動きにこだわったスペックになっています。

加えてハンドリング向上の工夫がされていたり、坂道などスムーズに走れるようダイナミックトルクコントロール方式を活用しステアリング力をつけているとのことです。

 

CH-Rの歴史

 

経緯として、まずコンパクトクロスオーバーが発表された2014年前後、CH-Rと同スペックであるホンダのヴェゼルが爆発的にヒットしていました。
それに加え日産よりジューク、マツダからはCX-3というコンパクトSUVブームが巻き起こっていました。

トヨタはこれらのメーカーと比べると後発であり、SUVとしては、ランドクルーザーやハリヤーなど販売している実績は有ったのですが、どれも型であり、また主戦場はハイブリット車のアクア、プリウス、シエンタ、ベルファイアなどのファミリー車であったといえます。

その上で、CH-Rの開発を進めた理由について、やはりF-1が大きく関わっています。

ファミリー層をターゲットにするだけでなく、車好きのユーザーの為になにか車を開発したいという想いが形となりました。

CH-Rはいわゆるトヨタにおけるチャレンジであり、ワールドワイドに活躍するトヨタにとってのプライドの塊の車で有るといえます。
そのため、CH-Rのコンセプトは事故をできるだけおこさない、そして長時間走れる車を作り上げることでした。
そのため、開発段階で何度も悪天候、悪走行の安全試験を繰り返し、結果かなりハイスペックの車ができました。

トヨタがコンパクトSUVを発表したということでかなり期待度が高く、そいった期待の声にこたえるよう様々なマーケティングを実施、様々なモーターショーに展示を行い結果、コンパクトSUVの中ではトップの売り上げを出しています。2016年年末に販売を開始、2017年には上半期SUV販売台数1位を獲得、2017年8月には早くも2トーンカラーのバリエーションを登場させるなどかなりの気合のはいった販売戦略を行っています。

2018年になっても特別仕様車を発表しユーザの購入意欲を高める工夫をされているトヨタ。現在は当時の販売数から減ったもののコンスタントに販売数を増やしています。

 

 

 

C-HR新車の発売モデル、グレード、価格

 

2017年(平成29年)8月モデル      
グレード名 型式 排気量 価格
S-T DBA-NGX50 1196cc 2,516,400円
G-T DBA-NGX50 1196cc 2,775,600円
S DAA-ZYX10 1797cc 2,646,000円
G DAA-ZYX10 1797cc 2,905,200円
       
2016年(平成29年)12月モデル      
グレード名 型式 排気量 価格
S-T DBA-NGX50 1196cc 2,516,400円
G-T DBA-NGX50 1196cc 2,775,600円
S DAA-ZYX10 1797cc 2,646,000円
G DAA-ZYX10 1797cc 2,905,200円