【一番高く売れる】フォルクスワーゲン ゴルフヴァリアントの買取・査定相場、リセールバリューや高額売却のコツ

 

 

 

 

 

SellCaオークションでの高額買取実績

 

 

 

フォルクスワーゲン ゴルフヴァリアントは、日本に2007年から導入され販売されているステーションワゴンです。

2000年から販売されていたフォルクスワーゲン ゴルフワゴンの実質的な後継車で、走りの良さに積載性の高さをプラスした利便性の高い車種になります。
速度無制限のアウトバーンでの走行も意識して製造しなければならないドイツ車。
ゆえにゴルフ ヴァリアントも高い剛性のボディと多数のエアバッグ、先進の安全機能を搭載する安心の仕様となっています。

今回は、そんなフォルクスワーゲン ゴルフヴァリアントの中古車買取相場と高く買取してもらうコツについてご紹介します。

 

ゴルフヴァリアントの買取情報

 

SellCaオークションでの高額売却実績

 

SellCaオークションでの高額買取実績

 

 

ゴルフヴァリアントのグレード、色、オプションなど

 

グレード:TSIコンフォートライン、TSIハイライン、TSIRライン
 

フォルクスワーゲン ゴルフヴァリアントの新車市場・中古車市場ともに、より低排気量なエンジンで燃費が最も良いTSIコンフォートラインと標準的な排気量エンジンと充実装備が特徴のTSIハイラインが人気です。

 

オプション:ナビ、レザーシートパッケージ、電子制御ダンパー(DCC)、電動パノラマルーフ
 
 

フォルクスワーゲン ゴルフヴァリアントのオプションでは、万人受けしやすい純正ナビ、レザーパッケージのほか、ダンパーの減衰力やステアリングの特性を調整できるアダプティブシャシーコントロール機能のDCCや車内を開放感あふれる仕様にできる電動パノラマルーフが人気です。

  関連記事:車の査定でプラスになりやすいオプションは?

 

色:ピュアホワイト(白:0Q)、ディープブラックパールエフェクト(黒:2T)
 

フォルクスワーゲン ゴルフヴァリアントのカラーでは、万人受けしやすい白・黒カラーが人気です。

いわゆる「色物(いろもの)」でないカラーで、老若男女問わず好まれやすいカラーであることからリセールバリューが高くなっています。

  関連記事:車の色の秘密

 

 

あなたのフォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアントはいかがですか?

お車の走行距離や状況によっても価格が大きく異なりますのでまずは査定してもらいましょう!

  関連記事:車の査定で見られるポイント

  関連記事:キズは査定前に直した方がいいの?

 

 

では、ここでフォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアントを高く売るためにフォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアントのことをもうちょっと知っておきましょう。

  関連記事:輸入車高額売却のポイント

 

ゴルフヴァリアントの概要

 

フォルクスワーゲン ゴルフヴァリアントは、日本に2007年から導入され販売されているステーションワゴンです。

エクステリアは、ゴルフをベースとしたフロントマスク、大きく延長されたボディ、低床で開口部の大きいバックドア、がっちりと固められた綿密で高剛性な車体などが特徴です。
インテリアでは、可倒式の後部座席をたたむと広々としたラゲッジスペースが現れます。
インストゥルメンタルパネルは非常にシンプルで実用性を重視した仕様となっています。
荷物を隠してプライバシー保護や防犯性向上を図れるトノカバーは多段階調整式となっており、不要な場合は取り外して荷室下に格納することもできます。

エンジンは、低排気量ながら直噴・過給技術を活かして実用十分な性能を確保。

アイドリングストップやブレーキエネルギー回生システムなどを搭載し、より一層の低燃費を実現してきています。
足回りでは、ドイツ車らしいしっかりした接地性を感じられる乗り心地が特徴です。
サスペンションでは、電子制御式のアダプティブシャシーコントロール(DCC)をオプション設定するなど先進の走りを堪能することも可能となっています。

Cセグメントクラスの世界的指標であるゴルフに、さらなる利便性を加味した長く乗れる車がフォルクスワーゲン ゴルフヴァリアントです。

中古車市場でもシングルユーザーから小規模ファミリー層にまで幅広く人気となっています。

 

フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアントの歴史

 

初代フォルクスワーゲン ゴルフヴァリアントは、ゴルフワゴンの後継車として20079月より日本全国のフォルクスワーゲン正規ディーラーで販売されるようになりました。

エクステリアは、全長×全幅×全高で、4565mm1785mm1510mm、ホイールベースは2575mmで車重は1520kgほどでした。(2007年発売モデル「2.0TSIスポーツライン」グレード)
クロームワッペングリルからボンネットにV字プレスラインが刻印され精悍な印象になるとともに、フロントグリルに近づくにつれ細くなる丸形ヘッドランプがキュートさを感じさせます。
インテリアは広いスペースが確保されていることはもちろんのこと、安全性への高い配慮がみられます。

8つものエアバッグを車内に内蔵し、フォースリミッター付きシートベルトを標準装備。
快適性能では、電動パノラマスライディングルーフが設定され開放感あふれる車内を実現していました。

エンジンは、直列型4気筒1.2L2.0L(最高出力105ps~200ps)をラインナップ。
直噴過給式のTSIエンジンは、高出力と低燃費を両立する優れた設計となっていました。
トランスミッションには、6速~7DSGが組み合わされ効率的にエンジンパワーを引き出すことができるようになっています。
駆動方式はFF、サスペンションは前輪がマクファーソン式ストラット、後輪に4リンク式を搭載。

がっちりと固められた足回りは、アルミ製の高剛性ボディと相まって高速安定性や安全性に優れていました。

つづく2代目フォルクスワーゲン ゴルフヴァリアントは2014年から日本国内販売されるようになりました。

エクステリアは、全長×全幅×全高で、4575mm1800mm1485mm、ホイールベースは2635mmで車重は1380kgほどでした。(2014年発売モデル「TSI ハイラインブルーモーションテクノロジー」グレード)
エンジンは、直列型4気筒1.2L1.4L(最高出力105ps~140ps)をラインナップ。

アイドリングストップ機能とブレーキエネルギー回生システムを組み込んだ「ブルーモーションテクノロジー」仕様となっており、一段と低燃費となりました。
トランスミッションは、7DSGとの組み合わせとなりダウンサイジングされたエンジンでもスムーズな加速を行うことができるようになっています。

駆動方式はFF、サスペンションは前輪がマクファーソン式ストラット、後輪は4リンク式(コンフォートラインでは半独立式トーションビーム&トレーリングアーム式)を搭載。

安全面の進化が大きく、車内には9つのエアバッグを内蔵するようになったほか緊急ブレーキシステムやアダプティブクルーズ、レーンアシスト、マルチコリジョンブレーキシステム、プロアクティブ・オキュパント・プロテクション(危険察知時にウィンドウを閉じシートベルトを引き締めエアバッグを有効に動作させるシステム)など列挙しきれないほど多くの機能が開発されていきました。

このようにフルモデルチェンジやマイナーチェンジで大幅な機能強化や魅力的なデザインがなされると中古車査定相場に大きな影響が出ることがあります。

お車の売却を検討されているかたは、お早めに一度ご相談されるとよいでしょう。

 

 

 

 

SellCa車買取コラム編集部
中古車査定のエキスパートが車の買取に関するお得な情報をご案内いたします。

 

SellCaオークションのご利用の流れ

 

  • Step1

    無料査定申込

    無料査定申込 あなたの愛車情報をご入力ください

    あなたの愛車情報を
    ご入力ください。

  • Step2

    査定

    査定 お近くのセルカ提携店にて 査定を受けましょう。査定のお時間は約30分です

    ご指摘の場所への出張査定か
    セルカ提携店にて
    査定を受けましょう。
    査定のお時間は約30分です。

  • Step3

    オークションに出品

    オークションに出品

    査定内容をご確認いただき、
    愛車をオークションに
    出品します。
    全国最大6000社のバイヤーがオンライン入札!

  • Step4

    売却

    売却

    オークションで最高額にご納得いただけたらバイヤーへ売却!愛車をバイヤーに渡し、セルカから代金をお支払いしてお取引完了です。