【一番高く売れる】ティアナ買取相場、高額売却のコツ

 

 

 

 

 

SellCaオークションでの高額買取実績

 

 

 

ティアナは日産が販売している大型セダンです。ティアナは1998~2003年まで販売されていたセフィーロの後継車種と位置づけられており、前輪駆動を採用しているのが特徴です。
このため、同じく日産のフーガやスカイラインのような走りにこだわったモデルとはコンセプトが異なっています。
初代はモダンリビングの考え方が取り入れられ、広々した高級感の車内が売りです。

ティアナは現在も販売されているモデルですので、人気のグレードや色などについて紹介したいと思います。

 

ティアナの買取情報

 

SellCaオークションでの高額売却実績

 

SellCaオークションでの高額買取実績

 

 

ティアナのグレード、色、オプションなど

 

グレード: 250XV AVMナビパッケージ
 

このグレードはティアナの最上級グレードで、日産の純正ナビが装着されています。
スマホと連動しているため、スマホで設定した目的地をナビで表示させたり出来る機能が付いています。

またこのグレードには本革シートも標準装備されており、17インチタイヤが装着されています。
ほかのグレードは16インチです。

 

オプション:AVMナビパッケージ
 

ティアナにはメーカーオプションがほとんどありませんが、中古車市場で出回っているのは純正のナビを装着したパッケージがほとんどです。
このため、AVMナビパッケージを装着していないと相当のマイナス査定に繋がると考えられます。

  関連記事:車の査定でプラスになりやすいオプションは?

 

 

色:ホワイト、ブラック
 

ティアナの人気色はホワイトとブラックで、特にセダンではこのカラーが定番です。

ティアナには6色のボディカラーが用意されていますが、例えばレッドの場合、中古車価格ではホワイトやブラックに比べて20万円くらい安くなってしまいますので注意が必要です。

  関連記事:車の色の秘密

 

あなたのティアナはいかがですか?
お車の走行距離や状況によっても価格が大きく異なりますのでまずは査定してもらいましょう!

  関連記事:車の査定で見られるポイント

  関連記事:キズは査定前に直した方がいいの?

 

 

では、ここでティアナを高く売るためにティアナのことをもうちょっと知っておきましょう。

 

ティアナの概要

 

現行型ティアナは3代目で、2014年にデビューしました。
ボディサイズは全長×全幅×全高が4880mm×1830×1470となっており、結構大柄なボディが特徴です。
排気量は、直4・2.5Lの自然吸気エンジンにCVTが組み合わされているオーソドックスなタイプが採用されています。
旧型ではV6エンジンも採用されていましたが、現行型にはラインナップしていません。

ティアナの最大の特徴は広い車内だと言えます。
前輪駆動のため、特に後席やトランクのスペースがしっかり取れますのでゆったりとくつろぐことが出来るのがポイントです。
また車内には高級感があり、フロントシートにはオットマンを装着するなど、ゆったりとドライブを楽しめるように考えられています。
またティアナにはエマージェンシーブレーキや車線逸脱防止装置などの安全装備が装着されていますが、前方の車に追随して走行する、インテリジェントクルーズコントロールは装着されていません。

ティアナの主なマーケットはアジアで、中国や台湾、インドなどで人気があります。
日本やヨーロッパではセダンというと後輪駆動でスポーティな車というイメージがありますが、アジアではそうではなく広々した車に人気があります。
ティアナはそうした需要に対応したモデルと言えると思います。

 

ティアナの歴史

 

ティアナは2003年にセフィーロの後継車種としてデビューしました。
コンセプトはモダンリビングの考え方というもので、特にシンプルで高級感のあるインテリアデザインが特徴でした。またティアナは主にアジアに輸出される世界戦略車として開発されたため、ボディサイズは大きくなりました。
エンジンも4気筒に加えて、V6・3.5Lもラインナップしてパワフルな車を好むユーザーにも対応していました。
またティアナは安全装備も充実しており、運転席助手席のエアバッグ、ABS、サイドエアバッグはすべてのグレードに標準装備され、カーテンエアバッグがオプションで装着できました。

日本やヨーロッパではセダンというと後輪駆動が多く、日産でもフーガやスカイラインがあります。
これらFRは走りが上質でスポーティという特徴がありますが、中国などのアジアではそれよりも見た目の豪華さとか車内の広さが重視されるといわれています。
日産はこうした需要に対応したティアナを販売しました。

そして2008年に登場した2代目になるとボディサイズはさらに大きくなり、全長は4.8mを超え、見た目も高級感が増しました。
またプラットフォームが変更され、車内の静粛性能もアップしてボディ剛性がアップしたので運転もしやすくなりました。

また、現在販売されている3代目は2014年から販売されていますが、ボディサイズは少し大きくなった程度であまり変わっていません。
この3代目ティアナはアメリカで販売されているアルティマと兄弟車の関係にあります。アルティマやトヨタ・カムリ、ホンダ・アコードはライバル関係にあるモデルです。

そんなティアナですが、日本ではまり人気があるとは言えない状況です。
トヨタ・カムリやホンダ・アコードの知名度は比較的高いですが、ティアナという存在を知らない人も多いと思います。このためティアナは中古車市場でもあまり人気はありません。


旧型のオーナーで売却を考えている人はかなり低い査定額になると思います。また現行型のオーナーでも乗り換えを考えている人は、早めに売却されることをオススメします。日本ではセダンが不人気ですが、ティアナは知名度が低いため仕方ないのかもしれません。

 

 

 

SellCa車買取コラム編集部
中古車査定のエキスパートが車の買取に関するお得な情報をご案内いたします。

 

SellCaオークションのご利用の流れ

 

  • Step1

    無料査定申込

    無料査定申込 あなたの愛車情報をご入力ください

    あなたの愛車情報を
    ご入力ください。

  • Step2

    査定

    査定 お近くのセルカ提携店にて 査定を受けましょう。査定のお時間は約30分です

    ご指摘の場所への出張査定か
    セルカ提携店にて
    査定を受けましょう。
    査定のお時間は約30分です。

  • Step3

    オークションに出品

    オークションに出品

    査定内容をご確認いただき、
    愛車をオークションに
    出品します。
    全国最大6000社のバイヤーがオンライン入札!

  • Step4

    売却

    売却

    オークションで最高額にご納得いただけたらバイヤーへ売却!愛車をバイヤーに渡し、セルカから代金をお支払いしてお取引完了です。