【一番高く売れる】日産 NT100クリッパートラックの買取・査定相場、リセールバリューや高額売却のコツ

SellCaオークションでの高額買取実績

 

日産  NT100クリッパートラックは、日産が他社からのOEM提供を受けて販売しているセミキャブオーバー型の軽トラックです。

2003年10月6日より販売が開始されると、姉妹車とともに広く世間に普及しました。
三菱、スズキとOEM提供元やモデルが変わってもなお愛され続けているNT100クリッパートラック。

今回は、そんな日産  NT100クリッパートラックの中古車買取相場や高く買取してもらうコツについてご紹介いたします。

NT100クリッパートラックの買取情報

SellCaオークションでの高額売却実績

SellCaオークションでの高額買取実績

 

NT100クリッパートラックのグレード、色、オプションなど

グレード:DX

日産  NT100クリッパートラックの新車・中古車ともに、標準グレード「DX(農繁仕様含む)」が主流となっています。

エアコンなどもオプションとなる最廉価グレードよりも実用性が高く、高価なGXグレードよりも商用に適したコストパフォーマンスの高さが魅力となっています。

中古車市場では、価格が落ちて割安感の出てくる最上級グレード「GX」にも人気があります。こちらはパワーウィンドウやリモコンエントリーシステム、CD設備にスピーカーが2つ、踏み間違い衝突防止アシストを搭載するなど非常に豪華な仕様となっています。

駆動形式では汎用性の高い4WD車のほうが人気で買取査定額に反映されやすくなっています。

オプション:リアゲートチェーン、バックブザー、ETCユニット、フロアマット、荷台マット

NT100クリッパートラックのオプションで人気なのは、積載性を高めることができるリアゲートチェーン、高速道路走行に便利なETCユニット、危険性を防止できるバックブザーなど商用車として実用性の高い機能群が多くを占めています。

農耕用の場合、化学肥料などの影響で金属が腐食しやすくなることがあります。

そのため荷台マットやフロアマットがあるとリセール時に痛みが少なくて済み、査定に有利に働きます。

踏み間違い衝突防止アシストは、最上級グレードGXにしかつかない機能であるため中古車市場ではGXグレードにも人気があります。

  関連記事: 車の査定でプラスになりやすいオプションは?

色:ホワイト(白:3EN)

NT100クリッパートラックのカラーはホワイト一択な情勢です。

カラー選びで失敗する心配はないといえるでしょう。

関連記事: 車の色の秘密

あなたの日産・NT100クリッパートラックはいかがですか?

お車の走行距離や状況によっても価格が大きく異なりますのでまずは査定してもらいましょう!

  関連記事: 車の査定で見られるポイント

関連記事: キズは査定前に直した方がいいの?

では、ここで NT100クリッパートラック を高く売るために NT100クリッパートラック のことをもうちょっと知っておきましょう。

関連記事: トラック高額売却のポイント

NT100クリッパートラックの概要

日産  NT100クリッパートラックは他社OEMを受けて2003年秋に発売が開始されたセミキャブオーバー型の軽トラックです。
OEM提供先は、2003年~2013年までは三菱自動車 ミニキャブトラック、以後はスズキ キャリイと変動してきています。

「クリッパー」という車名は、日産の前身であるプリンス自動車工業が1958年1月より販売していた「プリンス・クリッパー」に由来するとされています。
「NT」は、NissanのTrackを意味し、100は車両総重量1,000kgクラスを表しています。

基本的な仕様はOEMと同様ながらエクステリアでは日産のウィンググリルが特徴的となっています。

足回りは、比較的ショートホイールベースであるため取り回しに優れます。
安全性能も売りの1つでエアバッグやABSを標準搭載している点が特徴的です。
踏み間違い衝突防止アシスト機能など、時代のニーズに即した先進の安全装備を搭載してきたモデルでもあります。

荷台は低床で、荷物の積みおろし負担が少なくて済みます。
防サビ鋼板で満たされた車体は耐久性にも優れており、丈夫で燃費も良いエンジンとあわせて中古車市場でもニーズのある車種となっています。

NT100クリッパートラックの歴史

日産  NT100クリッパートラックは他社OEMを受けて2003年秋に発売が開始されたセミキャブオーバー型の軽トラックです。

2013年までの間、長らく三菱 ミニキャブトラックの姉妹車としてOEM供給を受けながら販売されました。
その後、三菱自動車の軽自動車の商用車部門縮小が決まると、スズキ キャリイのOEM提供を受けて販売を存続しています。

世代ごとに歴史を振り返ると、日産  NT100クリッパートラックの初代 U71T/U72T型では、廉価版の「SD」、標準仕様の「DX」、充実仕様の「GL」、荷台が箱型の「パネルバン」という4つのグレードが用意されていました。

当初、車の仕様としてはOEMである三菱 ミニキャブトラックとほぼまったく同じものでしたが、2005年年末のマイナーチェンジ以降、日産のウィンググリルが採用されるなど徐々に独自性が見られるようになります。

2006年には、三菱 ミニキャブトラック「みのり」にあわせてDXグレードに農繁仕様が登場します。
過酷な使用環境にも耐えられるようサスペンションが強化されているほか実用的な装備が標準搭載されていた点に違いがありました。

2010年には、非常にユニークな特別仕様車「BLACK LIMITED」が発売となります。軽トラックとしては珍しい黒色の専用カラーとフロントマスクの一部メッキ塗装が施された個性的な仕様が印象的でした。

2012年年末には、後方反射板を搭載して灯火器及び反射器等に関する法規に対応した仕様となります。
需給状況などからグレード構成が見直され、「パネルバン」がラインナップから消滅したのもこの時期でした。

2013年8月、長らくOEM提供を行っていた三菱自動車は厳しい環境から軽自動車の商用車部門を大幅に縮小することを決定します。
これに伴って存続が危ぶまれたNT100クリッパートラックでしたが、新たにスズキ キャリイのOEM提供を受けることで事態を乗り切ります。

2013年12月には、NT100クリッパートラックは2代目スズキ キャリイ式DR16T型として再デビューを果たしました。
こうして販売が存続されると意欲的に改良が重ねられ、2015年には全車で燃費性能が向上。
ボディのサビ防止鋼板化技術も積極的に採用され、ボディ表面積100%の防さび加工が特徴ともなりました。

2017年11月24日には、エアバッグシステムやABSなどの標準搭載化で安全性能が大幅にアップ。

2018年5月には、上位グレード「GX」に「踏み間違い衝突防止アシスト」機能が搭載され、今なお進化をつづけています。

コラム編集部
SellCa車買取コラム編集部
中古車査定のエキスパートが車の買取に関するお得な情報をご案内いたします。

SellCaオークションのご利用の流れ

 

  • Step 1

    無料査定申込

    無料査定申込 あなたの愛車情報をご入力ください

    あなたの愛車情報を
    ご入力ください。

  • Step 2

    査定

    査定

    ご自宅で査定を受けましょう。
    査定のお時間は約30分程度です。
    ※エリアによってはお伺いできない場合もありますのでご相談ください。

  • Step 3

    オークションに出品

    オークションに出品

    査定内容をご確認いただき、
    愛車をオークションに
    出品します。
    全国最大6000社のバイヤーがオンライン入札!

  • Step 4

    売却

    売却

    オークションで最高額にご納得いただけたらバイヤーへ売却!愛車をバイヤーに渡し、セルカから代金をお支払いしてお取引完了です。

 

 

 

 

日産車種別の買取実績相場

 

車種 買取価格
180SX 51.7万円〜74.3万円
GT-R 550.3万円〜1267万円
NT100クリッパートラック 35.8万円〜41.4万円
NV200バネットワゴン 18.9万円〜18.9万円
NV350キャラバンバン 65.1万円〜291.1万円
アトラストラック 12.6万円〜73.2万円
ウイングロード 49.4万円〜49.4万円
エクストレイル 5.7万円〜200.2万円
エルグランド 2.6万円〜271.5万円
オッティ 4万円〜32.5万円
キューブ 4.1万円〜52.3万円
キューブキュービック 4.4万円〜4.4万円
グロリア 99.9万円〜99.9万円
シーマ 7.3万円〜9.6万円
ジューク 25.6万円〜116.8万円
シルビア 47万円〜175.6万円
シルフィ 17.4万円〜28.5万円
スカイライン 2万円〜685.4万円
スカイラインクロスオーバー 160.3万円〜160.3万円
セレナ 2.4万円〜244.9万円
ティーダ 6.3万円〜6.3万円
ティアナ 68.8万円〜174.4万円
デイズ 2.8万円〜70.2万円
デイズルークス 5.2万円〜122.6万円
デュアリス 8.5万円〜91.5万円
テラノ 19万円〜19万円
ノート 2.2万円〜202万円
バネットトラック 8.1万円〜284.8万円
ピノ 6.1万円〜6.1万円
フーガ 3.4万円〜158万円
フィガロ 17.5万円〜17.5万円
フェアレディZ 9.3万円〜429.6万円
プレサージュ 2.4万円〜11.9万円
マーチ 3.2万円〜98.3万円
マキシマ 6.4万円〜6.4万円
ムラーノ 13万円〜157.2万円
モコ 2.1万円〜62.9万円
ラシーン 6.6万円〜9.3万円
ラフェスタ 4.8万円〜51万円
リーフ 15.4万円〜275.9万円
ルークス 12.9万円〜94.8万円
レパード 81.4万円〜81.4万円

 

 

 

 

NT100クリッパートラックと同じボディタイプ別の買取実績相場

 

車種 買取価格
日産 NT100クリッパートラック 41.4万円〜41.4万円
日産 アトラストラック 12.6万円〜73.2万円
いすゞ エルフトラック 9.7万円〜308.7万円
トヨタ ダイナトラック 16.7万円〜96.5万円
米国トヨタ タンドラ 41.4万円〜320.3万円
日野 デュトロ 29.8万円〜336.3万円
トヨタ ハイラックス 340.2万円〜340.2万円
日産 バネットトラック 8.1万円〜29.1万円
トヨタ ピクシストラック 96.3万円〜96.3万円
マツダ ボンゴトラック 3.4万円〜10.6万円

 

 

 

 

人気車種の買取実績相場