【ラシーンの概要】

日産・ラシーンは1994年から2004年まで生産・販売していたスモールサイズのクロスオーバーSUVです。

ラシーンは車名の由来は「羅針盤」からの造語です。ベースのプラットフォームをサニーと共有しており、全グレードが4WDとなっています。

見た目はクロスカントリー感があるデザインだが、激しい凹凸のある道などは苦手です。しかし、当初RVブームだったこともあり、このデザインが非常に人気で、試作品を東京モーターショーに出展した際にも非常に好評でした。イギリス等の海外でも評価が高く、未だにラシーン専門店などが存在しています。CMキャラクターにドラえもんやムーミンが起用されていたことも話題の一つでした。日本国内ではデザインが先進的すぎたせいか、評価とは裏腹に販売台数が少なく、2004年に販売終了となりました。海外では今も3代目にフルモデルチェンジをして販売が続けられています。

【ラシーンの買取、下取り査定で押させるポイント】

日産・ラシーンの中古車は高額買取が非常に狙いやすい車種ですし、条件によってはプレミア化しているものもあります。ただ、数十万とかで取引されているのもあるので、違いを見ていきましょう。一番重要なのは走行距離です。5万km>8万km>>10万km>>>>それ以上(半分は廃車)また、外装の状態も非常に関わってきます。このあたりは国内需要によるものだと考えられるでしょう。年式も少し価格に関わっており、ここは普通に古いほうが安いモデルになっております。走行距離も10万kmを超えている場合でも買取店に一度は持っていく方が良いでしょう。一部のファンがまだ狙っている可能性があります。