トヨタ ヴェルファイアハイブリッドは、大型サイズのプレミアムミニバン・ヴェルファイアのハイブリッドモデルで、2011年11月21日に販売が開始されました。

ノンハイブリッドモデルとの新車販売価格差を燃費コストで取り返すことは難しいですが、モーターによる支援で動力系統の静粛性や車両の加速性能に優れています。

毎日使うたびに違いを実感できる高機能なハイブリッドモデルは、割安な価格で買える中古車市場でこそ高い人気を誇ります。

今回は、トヨタ ヴェルファイアハイブリッドの中古車買取相場と高く買取してもらうコツについてご紹介します。

 

【トヨタ・ヴェルファイアハイブリッドの中古車買取情報】

 

トヨタ・ヴェルファイアハイブリッドは中古車市場でも人気があり高値がついている車種です。

中古車買取オークションのセルカでも脅威の高額買取額でトヨタ・ヴェルファイアハイブリッドを売却されている方がたくさんいらっしゃいます。

         セルカの高額買取実績はこちら

 

 

トヨタ・ヴェルファイアハイブリッドの人気のグレード、色、オプションなど

 

グレード  

ZR、ZR Gエディション、V Lエディション、エグゼクティブラウンジ

 

トヨタ ヴェルファイアハイブリッドの新車で売れているのはノンハイブリッドモデルとの価格差が比較的小さなXグレードを中心にZ、Vグレードが人気です。

特に8人乗りモデルが唯一用意されているXグレードは最廉価クラスながら需要が高いモデルです。

一方、中古市場では新車価格より割安な値段で購入できることから、新車価格帯の予算で少しでもリッチな仕様のグレードを求めるかたが多い情勢にあります。

 

オプション 

ナビ、ツインムーンルーフ、スマートエントリー、LEDライト、ブラインドスポットモニタ

 
 

トヨタ ヴェルファイアハイブリッドのオプションでは、バックモニタやアラウンドビューモニタ機能と連動する高機能ナビが人気です。

オプション料は高額なため、査定金額も大きくアップしがちです。

次いで人気なのはムーンルーフで、オプション料以上のリセールバリューも期待できます。

外観では、鮮やかなLEDライトに人気があります。

より遠く、より明るく、より広く視界を確保してくれる実用性も高いオプションです。

 

色 

ブラック(黒:202)、ホワイトパールクリスタルシャイン(白:070)

 

トヨタ ヴェルファイアハイブリッドのカラーは、ブラック系を中心にパールホワイトにも人気があります。

上記定番色は、シルバーメタリックやグレー系など他の色と比べてリセールバリューが高くなる傾向にあります。

高価買取査定のためには、内外装のクリーニングとメンテナンス記録簿などの書類一式の完備が大切になってきます。

外装は洗車を行って落とせる汚れは落とし、内装はフロア裏まで掃除機で清掃をしましょう。

書類は車本体のマニュアルやナビに付属していた書類、定期点検記録簿(メンテナンスノート)を完備しておくと査定額がアップすることがあります。

売却時期の明示、(実際にその予定はなくとも)相見積もりを取る意思の明示をしておくと査定員も本腰が入り、徐々に提示額が上向いていくでしょう。

 

 

あなたのトヨタ・ヴェルファイアハイブリッドはいかがですか?

お車の走行距離や状況によっても価格が大きく異なりますのでまずは査定してもらいましょう!

 

査定依頼

 

では、ここでヴェルファイアハイブリッドを高く売るためにヴェルファイアハイブリッドのことをもうちょっと知っておきましょう。

 

【トヨタ・ヴェルファイアハイブリッドの概要】

 

トヨタ ヴェルファイアハイブリッドは、トヨタの最上級クラスの大型ミニバン・ヴェルファイアのハイブリッドモデルで2011年11月に初登場した車です。

車名のヴェルファイアは、Velvet(物静かな)Fire(情熱)を意味しています。

そのエクステリアは、フロントスペースをいっぱいに用いた雄大かつ優雅なマスクが特徴で存在感は抜群です。

最大の優位性はインテリアで、最上級グレードでは広さ、乗り心地、空調、シートやパネルの高級感、優れた運転支援機能と安全機能、高級な音響設備、そのほか細かな快適性要因などすべてに「おもてなし」の心が感じられます。これでもかというほど徹底して詰め込まれた装備はまさに圧巻です。ゆえに「動く応接間」として重役送迎用にビジネスの現場で用いられたり、芸能人ら著名な人物からも愛されるモデルとしても知られています。

ハイブリッドエンジンのシステム出力は、ノンハイブリッドモデルの同排気量エンジン車を上回り、なおかつ燃費性能でも大きな差をつけます。

足回りは、運転の楽しさよりも乗り心地と静粛性が重視された設計となっており、高級セダンに採用されることの多い高コストなダブルウィッシュボーン式サスペンションの導入も惜しみなく行われてきました。

最上級グレードでは、有名外国メーカーのミニバンよりも高価格になりえるヴェルファイアハイブリッド。

最高の移動空間を追及した「至れり尽くせり」の豪華な仕様は世代を追うごとに際限なくスケールアップしてきています。

 

トヨタ・ヴェルファイアハイブリッドの歴史

 

トヨタ ヴェルファイアハイブリッドは、2011年11月から販売が開始された最高級クラスのプレミアム大型ミニバンです。

ヴェルファイア自体は2008年にアルファードV10系を実質的に後継するかたちで登場しました。

高級で上品なエクステリアを志向するアルファードと比較して、ワイルドで主張の強い外観が特徴的な車です。

リビングに形容される非常に快適なインテリアはアルファードと同じく人気の要因となりましたが燃費性能が課題でした。

かねてより要望のあったハイブリッド化が企画され、2011年11月のヴェルファイアハイブリッド販売開始へとこぎつけます。

パワートレインは2.4Lエンジンとモーターの組み合わせで、駆動方式は全車フルタイム4WD仕様でラインナップが組まれました。

毎日、頻繁に高速道路を利用するというユーザーでもなければ十分な動力性能で、加速しきってしまえば後方車両も気になりません。

2012年9月には、専用プレミアムレザーのツートーンシート、シート位置記憶機能、ベンチレーションにシートヒーター、AC電源といった充実の装備が追加されます。

2015年1月のフルモデルチェンジでは、ベースエンジンが2.5Lに拡大、リアサスペンションにはダブルウィッシュボーン式サスペンションを搭載され乗り心地や静粛性がさらに大きく向上しています。

それでいて燃費性能は向上し、先代の16.2km/L~17.0km/Lから18.4km/L~19.4km/Lへと大きく進化しました。

2018年1月のマイナーチェンジでは、全車にトヨタの先進安全機能「Toyota Safety Sense」が標準搭載されるようになり、さらに魅力が増しました。

2018年10月には、踏み間違いによる事故防止に役立つ「インテリジェントクリアランスソナー・パーキングサポートブレーキシステム」を全車に標準搭載。時代ごとの課題やユーザーニーズにいち早く対応する同車開発の姿勢が顕著に表れています。

リセールバリューは高く、購入から売却して手放す時まで良い思いができる中古車市場でも人気の車種となっています。

 

 

査定依頼